2022-05-10

1200農業一般

AI画像解析による茶葉の摘採時期判断技術を開発~スマホで撮影した画像でお茶の摘み頃を簡便に判断し、 持続可能な農業に貢献~

2022-05-10 株式会社伊藤園,富士通株式会社 株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区、以下 伊藤園)と富士通株式会社(代表取締役社長:時田隆仁 本社:東京都港区、以下 富士通)は、AI画像解析により茶葉(...
2005放射線防護

β線とγ線を同時に識別測定できる新型サーベイメータを開発

2022-05-10 東芝エネルギーシステムズ株式会社,東芝電力放射線テクノサービス株式会社 東芝エネルギーシステムズ株式会社及び東芝電力放射線テクノサービス株式会社(以下、東芝グループ)は、β線とγ線が混在する環境下で、それらを同時...
1701物理及び化学

量子制御下での熱力学第二法則 〜量子情報と熱力学の融合に向けて〜

2022-05-09 東京大学 1.発表者: 矢田 季寛(東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程2年) 吉岡 信行(東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 助教) 沙川 貴大(東京大学 大学院工学系研究科物理工学専...
1900環境一般

地球温暖化で海洋プランクトンの発生時期が変化(Timing of ocean plankton blooms to shift with global warming)

2022-05-10 大韓民国・基礎科学研究院(IBS) 地球温暖化が、食物網の底辺にある海洋の純一次生産量(NPP)やプランクトンブルームの季節的なタイミングに直接影響を与えていることが、学術誌『Nature Climate Chang...
1902環境測定

藻類予測の精度向上で、より安全な水を(With better algal forecasts comes safer water)

2022-05-09 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の科学者と共同研究者は、新しい技術を使用して、毎年エリー湖に蓄積される藻類毒素のレベルをより正確に予測することに成功しまし...
0505化学装置及び設備

自動運転顕微鏡が新素材への近道を発見(Self-driving microscopes discover shortcuts to new materials)

2022-05-09 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所の研究者たちは、機械学習フレームワークを実装した自動圧電応答力顕微鏡および分光実験による研究方法を開発した。 ORNLの計算科学工学部門とCNMSのMaxi...
0109ロボット

鳥の足で見た風景(A bird’s leg view)

モニカ・デイリーが鳥の地上運動を研究し、移動に問題がある人を支援する Monica Daley studies avian ground movement to help people with mobility issues 2022...
1900環境一般

南極大陸の氷床形成の謎に迫る新発見の湖を発見(Newly Discovered Lake May Hold Secret to Antarctic Ice Sheet’s Rise and Fall)

2022-05-09 テキサス大学オースチン校(UT Austin) 東南極にある世界最大の氷床の下側を調査していた科学者たちが、都市規模の湖を発見した。その堆積物には、氷床が誕生した当初からの歴史が含まれている可能性があるという。この湖...
0501セラミックス及び無機化学製品

エネルギー研究者が、他の多くの金属と同じ働きをするカメレオン金属を発明(Energy researchers invent chameleon metal that acts like many others)

この研究により、再生可能エネルギーの貯蔵、カーボンフリー燃料の製造、持続可能な材料の製造の効率が改善される可能性があります。 Research could improve efficiency for storing renewable ...
ad
タイトルとURLをコピーしました