スズを含むペロブスカイト太陽電池:23.6%の世界最高効率を達成~ペロブスカイト薄膜の上下表面構造修飾法を開発~

ad
ad

2022-04-13 京都大学

若宮淳志 化学研究所教授、シュアイフェン・フ 同博士課程学生、リチャード・マーディ 同講師、中村智也 同助教、ミンアン・チョン 同助教、山田琢允 同特定助教、半田岳人 元特定助教、金光義彦 同教授、東レリサーチセンターの松田和大 氏、理化学研究所の中野恭兵 博士、但馬敬介 同チームリーダー、および丸本一弘 筑波大学准教授らの共同研究グループは、スズ-鉛混合系ペロブスカイト薄膜の上下を表面修飾する手法(パッシベーション法)を開発しました。

これにより、電圧のロスを理論限界まで低減することに成功し、スズを含むペロブスカイト太陽電池で世界最高値となる23.6%の光電変換効率(注1)を達成しました。

本研究成果は、2022年4月12日(現地時刻)に国際学術誌「Energy & Environmental Science」にオンライン掲載されました。

(注1)太陽電池において、素子に照射された太陽光のエネルギーを電力に変換する効率。


図 本研究の概要図:ペロブスカイト薄膜の上下表面パッシベーションによる電気双極子の発現と電荷の取り出し効率の向上とペロブスカイト太陽電池のデバイス構造(断面図)

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:若宮 淳志
研究者名:HU, Shuaifeng
研究者名:MURDEY RichardJames
研究者名:中村 智也
研究者名:TRUONG MinhAnh
研究者名:山田 琢允
研究者名:半田 岳人
研究者名:金光 義彦

タイトルとURLをコピーしました