2022-04-13

0501セラミックス及び無機化学製品

らせん状のキラル分子は熱で磁石になる~温めると磁化が大きくなる磁石を発見~

2022-04-13 理化学研究所,東京大学 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター量子ナノ磁性チームの近藤浩太上級研究員、大谷義近チームリーダー(東京大学物性研究所教授)、情報変換ソフトマター研究ユニットの宮島大吾ユニットリー...
1701物理及び化学

海王星は思ったより冷たい - 大気温度の予想外の変化が明らかに

2022-04-11 国立天文台 海王星の大気温度が過去 20 年間で予想外に変動していたことが、すばる望遠鏡などの大型望遠鏡による中間赤外線の観測から明らかになりました。ひとつの季節が 40 年以上かけてゆっくりと移り変わる海王星で...
0505化学装置及び設備

よりスマートな3Dプリントで、より良い部品をより速く(Smarter 3D printing makes better parts faster)

レーザーの印刷経路を最適化する粉体床式溶融プリンター用ソフトウエア Software for powder bed fusion printers optimizes laser's printing path 2022-04-08 ミ...
0405電気設備

UHの研究者は、小型パルスパワーシステムでエネルギーとヘルスケアの業界に革新をもたらそうとしています。(UH Researchers Look to Disrupt Energy and Health Care Industries with Miniature Pulsed Power System)

現行技術より安価で高信頼性の高密度蓄電装置 High-density Energy Storage Machine Less Expensive, More Reliable than Current Technology 2022-0...
1903自然環境保全

南極大陸を「最後のチャンス」と見る人もいれば、「背景」と見る人もいる。(Some See Antarctica as ‘Last Chance’ Destination; for Others, It’s a Backdrop)

2022-04-12 ノースカロライナ州立大学(NCState) 南極大陸に旅行する人の多くは、その土地や野生生物に特別な関心があるというよりも、記念日やハネムーン、家族と過ごす休暇など、社交を目的とすることが多いことが、新しい研究で明ら...
0504高分子製品

ペットボトルを効率よく部品に分解する方法(Method efficiently breaks down plastic bottles into component parts)

有機金属構造体を用いたプラスチックの分解を世界で初めて実証 Researchers first to demonstrate use of metal-organic frameworks to degrade plastics 202...
0401発送配変電

水不足の次は?’エネルギー渇水?(You’ve Heard of Water Droughts. Could ‘Energy’ Droughts Be Next?)

新しいモデル研究では、風力と太陽光の潜在能力が季節や年によって大きく異なることが示され、二酸化炭素排出量をゼロにするために世界が自然エネルギーにシフトする際に、バックアップエネルギー源が必要になる可能性があることが示唆されています。 In...
1304森林環境

森林破壊が気候変動を引き起こし、残された森林に害を与える(Deforestation drives climate change that harms remaining forest)

UCIの研究者は、気候モデルや衛星データの改善により、炭素貯蔵について再考しています。 UCI researchers reconsider carbon storage with improved climate models, sat...
1206農村環境

気候変動が大豆に求める完璧に近い雑草コントロール(Climate change demands near perfect weed control in soybean)

2022-04-11 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 気候の変化の中で作物を育てるのは大変なことだが、雑草が絡むと、大豆の収量は大きな打撃を受ける。これはイリノイ大学と米国農務省農業研究局の新しい研究によるもので、農家は収量の損失を...
0703金属材料

タンタルの常温から極限までの強度に着目したトライラボの研究者たち(Tri-lab researchers focus on tantalum’s strength from ambient to extreme conditions)

2022-04-12 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ・ローレンス・リバモア、ロスアラモス、サンディアの3国立研究所の研究者は、重要なプラットフォーム開発材料であるタンタルの強度をよりよく理解するために協力しました。LLNLの国...
ad
タイトルとURLをコピーしました