2022-04-02

1602ソフトウェア工学

論理量子ビット間での演算を可能にする極低温環境での量子誤り訂正手法を世界で初めて開発

大規模量子コンピュータの実用化に向け大きく前進 2022-04-01 慶應義塾大学,日本電信電話株式会社,名古屋大学,理化学研究所 慶應義塾大学理工学部の近藤正章教授および上野洋典訪問研究員(本務:東京大学大学院情報理工学系研究科特...
0503燃料及び潤滑油

セルロース系バイオ燃料生産におけるハイブリッドアプローチの可能性を示す新たな視点(New perspective highlights promise of hybrid approach for cellulosic biofuel production)

2022-03-31 アメリカ・オークリッジ国立研究所(ORNL) ・地球規模の気候変動が急速に進む中、特に電化が困難な輸送技術の二酸化炭素排出量を削減する技術の開発が急務となっています。バイオエネルギーイノベーションセンターの研究...
1604情報ネットワーク

PITTは電話パスワードの盗難を防止(PITT PREVENTS POTENTIAL PHONE PASSWORD PLUNDE

PITTの電気・コンピュータエンジニアが、Android携帯電話のハードウェアセキュリティの脆弱性を発見 Pitt Electrical and Computer Engineers Uncover Hardware Security V...
0504高分子製品

高分子膜の新技術によりCO2回収の効率が向上(New Polymer Membrane Tech Improves Efficiency of CO2 Capture)

2022-04-01 ノースカロライナ州立大学(NCState) Image credit: Chris Robert. ・研究者らは、発電所から排出されるような混合ガスから二酸化炭素(CO2)をより効率的に除去できる新しい膜技術を...
1206農村環境

世界的な研究により、「フラッシュ干ばつ」の発生が加速していることが判明(’Flash Droughts’ Coming on Faster, Global Study Shows)

2022-04-01 テキサス大学オースチン校(UT Austin) ・テキサス大学オースティン校、香港理工大学、テキサス工科大学の研究者によると、過去20年間、フラッシュ干ばつが発生する回数は横ばいであるものの、より多くのフラッシュ干ば...
0404情報通信

5G+のインフラはタイル単位で構築される可能性がある(The Future of 5G+ Infrastructure Could be Built Tile by Tile)

2022-03-29 ジョージア工科大学 ・現在の5G+技術は、一般的にかさばり、非常に限られたサイズしかない大型アンテナアレイに依存しているため、輸送が困難であり、カスタマイズするにもコストがかかるという問題があります。 ・ジョージア...
0300航空・宇宙一般

パーサヴィアランス、火星からの最初の音を分析(Perseverance analyzes first sounds from Mars)

赤い惑星の音響環境に迫る新たな研究成果 New research sheds light on the Red Planet’s acoustic environment 202-04-01 アメリカ・ロスアラモス国立研究所(LANL)...
ad
タイトルとURLをコピーしました