2022-04-01

1602ソフトウェア工学

大規模な組み合わせ最適化問題を解く確率的計算技術を開発~解収束時間を3桁以上低減し実時間で社会還元できる道を開く~

2022-04-01 東北大学 電気通信研究所,科学技術振興機構 ポイント 大規模な組み合わせ最適化問題を高速に解く確率的計算技術を開発 量子アニーリングマシンと比較して、約16倍の大規模な組み合わせ最適化問題を解くこ...
0505化学装置及び設備

磁化サイクルを繰り返しても歪まない磁気冷凍材料を開発~安定に繰り返し使用可能な水素液化システム構築へ~

2022-04-01 物質・材料研究機構,科学技術振興機構,東北大学,高輝度光科学研究センター 1.物質・材料研究機構(NIMS)は東北大学、高輝度光科学研究センター(JASRI)と共同で、水素の液化に必要な全温度範囲(77~20...
1701物理及び化学

柔らかい液滴が硬い表面を侵食する謎を解く新しい研究成果(New study solves mystery of how soft liquid droplets erode hard surfaces)

ミネソタ大学の研究により、より優れた耐浸食性材料につながる可能性がある。 University of Minnesota research could lead to better, more erosion-resistant mate...
1102水質管理

さらば、永遠の化学物質。PFASの永久追放を目指す研究者たち(Farewell, Forever Chemicals: Researchers Aim to Eliminate PFAS for Good)

2022-03-31 ミシガン工科大学 ・ミシガン工科大学で開発された新しい計算ツールは、PFAS(ペルフルオロアルキル物質およびポリフルオロアルキル化合物)と呼ばれる残留性化学物質を地域の水源から排除するための緊急課題を支援するものです...
1206農村環境

手を汚さずに土壌中の炭素を探索(Berkeley Lab Team Hunts for Carbon in Soil Without Getting Their Hands Dirty)

科学者たちが、私たちの足元の地中にある炭素の国勢調査を行う新しい方法を開発 - 気候変動管理の重要なツールに Scientists develop a new way to take a census of carbon in the g...
1700応用理学一般

量子衝撃吸収材により、ペロブスカイトが室温で超蛍光を示すことに成功(Quantum ’Shock Absorbers’ Allow Perovskite to Exhibit Superfluorescence at Room Temperature)

2022-03-31 ノースカロライナ州立大学(NCState) ・室温で超蛍光を示す半導体ペロブスカイトは、物質内の双極子を熱干渉から守る「ショックアブソーバー」を内蔵しているため、超蛍光を示す。 ・ノースカロライナ州立大学の研究は、...
0501セラミックス及び無機化学製品

水素貯蔵反応から、より速い取り込みに向けた複雑なダンスが見えてくる(Hydrogen storage reactions reveal a complex dance toward faster uptake)

2022-03-30 ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL) ・ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の科学者は、有望な材料における水素貯蔵反応のシミュレーションを行い、材料が水素を吸収すると水素の取り込みが遅くなる理由を発見し、...
0500化学一般

コロイド結晶の対称性を破る方法(How to Break Symmetry in Colloidal Crystals)

電子の等価性を利用した新しい手法で、対称性の低いコロイド結晶を合成するためのルールを作成 New method uses electron equivalents to create rules for synthesizing low-...
ad
タイトルとURLをコピーしました