2022-04-27

0505化学装置及び設備

核磁気共鳴のレーザー検出器の小型化に成功~量子技術による化学分析の道を開拓~

2022-04-27 京都大学 武田和行 理学研究科准教授と冨永雄介 同博士課程学生(現:同特定研究員)の研究チームは、ハイブリッド量子技術を用いた核磁気共鳴法(Nuclear Magnetic Resonance; NMR)の光検出...
0505化学装置及び設備

キラル触媒と溶媒を繰り返し使用可能な不斉合成技術: 水溶媒による環境負荷低減とエネルギー消費量の削減を実現

2022-04-27 東京大学 小林 修(化学専攻 教授) 北之園 拓(化学専攻 助教) 発表のポイント 触媒的不斉合成(注1)に広く用いられるキラルルイス酸触媒(注2)を溶媒と共に回収し、活性を保持したまま繰り返し再使...
1701物理及び化学

ホットジュピターの大気の系統的な特性を解明

2022-04-26 国立天文台 今回の研究対象となった25個のホットジュピターの概念図。(クレジット:ESA/Hubble, N. Bartmann)オリジナルサイズ(2.2MB) 主星の近くを公転する巨大惑星(ホ...
1703地質

多摩川低地の地下に分布する「軟弱層」を可視化~過去の地盤沈下・地震被害と地下構造との関係が明らかに~

2022-04-27 産業技術総合研究所 ポイント 多摩川低地における沖積層の分布と成り立ちを示した「沖積層アトラス」を公開 沖積低地全体を捉えた軟弱層の分布を提供 地震などの災害への備えやインフラ整備の基礎情報とし...
0505化学装置及び設備

窒化物半導体薄膜結晶を作製するための新手法を開発~窒素プラズマを供給して世界最高品質を実現~

2022-04-27 産業技術総合研究所 ポイント 準大気圧プラズマ源を組み込んだ有機金属気相成長装置を独自に開発 高密度窒素系活性種を原料に高品質窒化インジウムの成長を実現 赤色から近赤外域の高効率光デバイスや次世...
0400電気電子一般

量子物理学者が電気自動車用電池の安全性を評価するセンサーを開発(Quantum physicists develop sensors to assess the safety of electric vehicle batteries)

2022-04-25 サセックス大学 サセックス大学の量子物理学者が、電気自動車用バッテリーの評価に磁気イメージングを使用したことが、査読付き論文として発表されました。この新技術により、研究者は電気自動車用バッテリーの内部構造を可視化する...
0402電気応用

小型デバイスがスマート・テックの自己充電に道を開く(Tiny devices pave way for self-charging smart tech)

スマートウォッチとヘルス・トラッカーは、動作によって電力を供給される小さな機械装置の開発によって、自己充電に一歩近づく可能性があることが示唆された。 Self-charging smartwatches and health tracke...
1700応用理学一般

学習型化学ネットワークが生命にキラルなひねりを与える(Learning chemical networks give life a chiral twist)

生命体におけるキラリティー選択性は、エネルギーハーベスティングを最適化するために自発的に生じる可能性がある Chirality preference in a living matter may arise spontaneously t...
0500化学一般

グラフェンなど2次元材料の「濡れ性」を測定(Measuring the ‘wettability’ of graphene and other 2D materials)

振動和周波発生分光法(VSFG)を用いると、濡れ性を分子レベルで微視的に理解できる Microscopic understanding of wettability can be achieved at the molecular lev...
ad
タイトルとURLをコピーしました