制御性T細胞を誘導し、炎症を抑える化合物を発見

ad
ad

制御性T細胞の誘導による治療の実現に繋がる誘導制御メカニズムを解明

2019-10-30 京都大学

 坂口志文 名誉教授(ウイルス・再生医科学研究所客員教授・大阪大学特別教授)、三上統久 ウイルス・再生医科学研究所招へい研究員(レグセル株式会社研究員)、成宮周 名誉教授(医学研究科特任教授)、赤松政彦 アステラス製薬株式会社研究員らの研究グループは、新規制御性T細胞(Treg)誘導化合物AS2863619を発見し、その作用とメカニズムを明らかにすることに成功しました。

 Tregは免疫を抑える機能を持つT細胞です。このTregを人工的に誘導することは、自己免疫疾患や炎症性疾患など免疫系の活性化を原因とする病気の治療に繋がると考えられます。本研究ではTregを効率よく誘導する化合物を探索し、AS2863619を発見しました。AS2863619はシグナル伝達分子であるCDK8/19の機能を阻害することで、免疫疾患の原因となる抗原に特異的なT細胞をTregに変換することが証明され、この化合物が強力なTreg誘導薬であることが明らかとなりました。また、皮膚炎症やI型糖尿病、脳脊髄炎のモデルマウスにAS2863619を投与することで、マウス中のTregが増加し、炎症病態が抑制されることも示されました。

 本研究成果は、2019年10月26日に、国際学術誌「Science Immunology」のオンライン版に掲載されました。

図:本研究の概要図

書誌情報

【DOI】 https://doi.org/10.1126/sciimmunol.aaw2707

Masahiko Akamatsu, Norihisa Mikami, Naganari Ohkura, Ryoji Kawakami, Yohko Kitagawa, Atsushi Sugimoto, Keiji Hirota, Naoto Nakamura, Satoru Ujihara, Toshio Kurosaki, Hisao Hamaguchi, Hironori Harada, Guliang Xia, Yoshiaki Morita, Ichiro Aramori, Shuh Narumiya, and Shimon Sakaguchi (2019). Conversion of antigen-specific effector/memory T cells into Foxp3-expressing Treg cells by inhibition of CDK8/19. Science Immunology, 4(40), eaaw2707.

詳しい研究内容について

制御性T細胞を誘導し、炎症を抑える化合物を発見

―制御性T細胞の誘導による治療の実現に繋がる誘導制御メカニズムを解明―

概要

 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 坂口志文 客員教授(京都大学名誉教授・大阪大学特別教授)、三上 統久 同招聘研究員 (レグセル株式会社研究員)、京都大学大学院医学研究科 成宮周 特任教授 (京都大学名誉 教授)、アステラス製薬 赤松政彦 研究員らの研究グループは、新規制御性T細胞 (Treg)誘導化合物AS2863619 を発見し、その作用とメカニズムを明らかにすることに成功しました。

  Treg は免疫を抑える機能を持つT細胞です。この Treg を人工的に誘導することは、自己免疫疾患や炎症性 疾患など免疫系の活性化を原因とする病気の治療に繋がると考えられます。本研究では Treg を効率よく誘導 する化合物を探索し、AS2863619 を発見しました。AS2863619 はシグナル伝達分子である CDK8/19 の機能 を阻害することで、免疫疾患の原因となる抗原に特異的な T 細胞を Treg に変換することが証明され、この化 合物が強力な Treg 誘導薬であることが明らかとなりました。また、皮膚炎症や I 型糖尿病、脳脊髄炎のモデ ルマウスに AS2863619 を投与することで、マウス中の Treg が増加し、炎症病態が抑制されることも示されま した。本成果は 2007 年~2017 年に産学官連携で実施された AK プロジェクトで得られました。本成果につい て、京都大学とアステラス製薬との共同で国際特許出願を行っています。

タイトルとURLをコピーしました