炭化水素等を活用した二酸化炭素を排出しない水素製造技術調査について

スポンサーリンク

2019-06-26 新エネルギー・産業技術総合開発機構

NEDOは水素エネルギーの普及に向けて様々な技術開発を進めており、「水素利用等先導研究開発事業」では2040年以降という長期的視点のもと、「カーボンフリーなエネルギーの新たな選択肢」としての水素の地位を確立させることを目指して取組を進めています。

この度、本事業において、多様な水素化物等を水素源として安価かつ大量の水素を製造する、二酸化炭素を排出しないコア技術(注)の可能性調査を開始しました。

(注)技術的新規性の低いもの、二酸化炭素を排出しないという意味において
CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)を必要とするもの及び水電解水素製造技術等
NEDOで既に実施しているものを除きます。

個別テーマの内容については以下の資料をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク