0500化学一般

0500化学一般

熱すぎて手に負えない:ピット工学部の新しい研究で、有機金属骨格の熱伝導性を検証 (Too hot to handle:A new Pitt Engineering study tests the thermal conductivity of metal organic frameworks)

2023-01-26 ピッツバーグ大学 ◆有機金属骨格(MOF)は、レゴのようなものです。MOFはレゴのようなもので、簡単につなげることができるのに、非常に高度な構造をつくることができる。このような構造体は、空気中の有毒ガスをろ過したり、...
0500化学一般

科学者たちが、これまでで最も低コストな炭素捕捉システムを発表(Scientists Unveil Least Costly Carbon Capture System to Date)

PNNLの科学者が炭素回収から利益を得る道を切り開き、脱炭素化とネットゼロエミッションへの前進の重要なステップを解き放つ PNNL scientists carve a path to profit from carbon capture...
0500化学一般

シミュレーションと実験で、海水中の水の動きをかつてないほど詳細に解明(Simulations and Experiments Reveal Unprecedented Detail about Water’s Motion in Salt Water)

国際研究チームは、1秒間に1兆回以上動く水の分子など、非常に速いダイナミクスを実験とコンピューターシミュレーションの両方で捉えました。 An international team of researchers captured extre...
ad
0500化学一般

今度は分子スケールで:電気モーター(Now on the molecular scale: electric motors)

小さなモーターが、材料科学や医療の革新をもたらす日がやってくる Tiny motor one day could drive innovations in materials science and medicine 2023-01-1...
0500化学一般

天然酵素に匹敵する活性を持つメタン酸化触媒を開発 ~SDGsに貢献できるテクノロジーの1つに~

2023-01-12 名古屋大学,科学技術振興機 ポイント グラファイトとの相互作用を利用して、触媒分子のメタン酸化活性を飛躍的に高める方法を開発し、天然酵素に匹敵するメタン酸化触媒活性を達成した。 自然界に豊富に...
0500化学一般

機械学習により、情報暗号化のための蛍光分子ツールを公開(Machine learning unlocks fluorescent molecular tools for information encryption)

2023-01-09 オーストラリア連邦研究会議(ARC)  スイスとオーストラリアの研究者が、機械学習を用いて、分子の鎖における電荷移動と色発光を支配する暗号を解読した。 ポリマーと呼ばれる分子の鎖は、紫外線やその他の光源にさらされる...
0500化学一般

プラスチック廃棄物を貴重な土壌改良剤に(Turning plastic waste into a valuable soil additive)

プラスチックとトウモロコシの廃棄物から有用な炭を作るUCRの方法 UCR method creates useful char from plastic and corn waste 2023-01-05 カリフォルニア大学リバーサイド...
0500化学一般

単純分子から有用物質を短工程で製造可能に ~炭素と金属を結ぶ新しい方法により合成効率の飛躍的向上へ~

2023-01-04 京都大学 依光英樹 理学研究科教授、黒木尭 同特定准教授、高橋郁也 同博士後期課程学生の研究グループは、アルキンの三重結合に金属を結合させる新手法を開発し、入手困難であった有用有機金属化合物を簡便に調製することに...
0500化学一般

実験者たち:申し訳ありませんが、火星でこれらの鉱物を作るために必要な酸素はありません。(Experimentalists: Sorry, no oxygen required to make these minerals on Mars)

2014年にNASAの火星探査機が火星のゲールクレーターとエンデバークレーターの岩石からマンガン酸化物を発見したとき、この発見をきっかけに、赤い惑星の大気には数十億年前にかつてもっと酸素があったかもしれないと考える科学者が現れました。 W...
0500化学一般

溶液をかき混ぜると結晶成長が速くなるのはなぜか? ~「結晶のゆりかご」の中で揺すられて、結晶の成長速度は増加する~

2022-12-21 東京大学 中室 貴幸(化学専攻 特任准教授) 中村 栄一(化学専攻 特別教授/東京大学名誉教授) 灘 浩樹(産業技術総合研究所 客員研究員/鳥取大学 教授) 発表のポイント 食塩の濃厚溶液をかき混...
0500化学一般

結合様式の制御により高効率な水素発生反応を実現~有機二次元高分子光触媒の創出に新たな戦略を~

2022-12-13 京都大学 分子工学専攻の  関修平 教授、筒井祐介 同助教、ベルリン工科大学Arne Thomas教授、Samrat Ghosh同研究員、Jin Yang同博士課程学生、Reinhard Schomäcker同教...
0500化学一般

微弱な近赤外光を可視光に変換して検出する技術を開発 ~省エネを実現、光センサー感度や太陽光利用効率の飛躍的向上に期待~

2022-12-12 科学技術振興機構,帝京科学大学,桐蔭横浜大学 ポイント 「微弱な近赤外光を可視光に変換する」ため、高密度・高輝度なアップコンバージョンナノ粒子を開発。 近赤外光を可視光に変換するアップコンバー...
ad
タイトルとURLをコピーしました