0500化学一般

0500化学一般

エステルを還元する新規光触媒を開発~エステルからアルコールへの光触媒多電子還元を達成~

2024-06-17 分子科学研究所 【発表のポイント】 高い酸化還元性能を示す新規光触媒N-BAPを開発し、これまで困難であった有機化合物(エステル)の多電子を必要とする還元反応に成功しました。 N-BAPの触媒作用のもと、天然に広く存在...
0500化学一般

溶融塩中の反応種を解読する(Decoding reactive species in molten salts)

2024-06-14 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所のチームは、アルミニウム塩化物とカリウム塩化物の高度に反応性のある溶融塩混合物で、振動特性とイオン交換を観察することで化学種の形成を明らかにしました。塩化物塩の...
0500化学一般

可視光から近赤外まで発光が様々に変色するマイクロビーズ~植物由来の材料を主原料とした環境に優しいフォトニック発光材料~

2024-06-13 物質・材料研究機構 NIMSの研究チームは、クエン酸などを主原料とした、環境に優しいマイクロビーズ型の発光材料の開発に成功しました。 概要 NIMSの研究チームは、クエン酸などを主原料とした、環境に優しいマイクロビーズ...
ad
0500化学一般

高速製造への再生可能なルート(Renewable route to rapid manufacturing)

「スマート」化学がネットワーク化されたゴム状材料のリサイクルを可能にする ‘Smart’ chemistry allows recycling of networked rubbery materials 2024-06-07 オークリッジ...
0500化学一般

多機能でサステイナブルな積層型ナノファイバーを新たに開発~環境中で分解できるプラスチック、汚染物質フィルターなどへ応用も~

2024-06-06 福岡工業大学 ※1 nm(ナノメートル)は、1ミリメートルの百万分の1の長さです。 発表のポイント 多機能でサステイナブルな新規素材である積層型ナノファイバーを開発しました。 マイナス電荷を持つサイズの揃った極薄シート...
0500化学一般

原子からメソスケールの化学のための新しい計算手法を開発(Developing New Computational Methods for Atomic-to-Mesoscale Chemistry)

2024-06-3 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) 多くの重要な化学反応は、複雑な溶液内での反応性や動力学を伴いますが、従来のシミュレーション技術では大規模な系や長時間のシミュレーションが困難です。研究者は、分子スケール...
0500化学一般

溶液中で孤立した水分子の観測に成功~水分子の新たな分析手法の確立~

2024-06-04 分子科学研究所 【発表のポイント】 ・ アセトニトリル(ACN)(1)水溶液の軟X線吸収分光計測(2)により得られたスペクトルは、液体水とは異なり、水蒸気に似たX線吸収ピークを含むスペクトル形状を示す。 ・ アセトニト...
0500化学一般

1分子1分子の乱雑さからエントロピー変化を定量する~統計力学的手法を用いたナノスケールでの融解エントロピー測定~

2024-05-31 東京大学 中村 栄一 (化学専攻 特任教授/東京大学特別教授/東京大学名誉教授) 中室 貴幸(化学専攻 特任准教授) 発表のポイント 高校生から科学者まで人々を悩ませてきた「エントロピー」、つまり分子の「乱雑さ」の度合...
0500化学一般

剛性と断熱性を併せ持つユニークな材料を開発(Researchers Create Materials With Unique Combo of Stiffness, Thermal Insulation)

2024-05-29 ノースカロライナ州立大学(NCState) 研究者たちは、硬くて熱を遮断する材料を開発しました。通常、硬い材料は熱をよく伝え、柔らかい材料は熱を遮断しますが、この研究では両方の特性を持つ材料が見つかりました。この材料は...
0500化学一般

電子移動反応におけるアルカリ金属の挙動を模倣する有機分子(Organic Molecule Mimics Behavior of Alkali Metals in Electron Transfer Reactions)

2024-05-28 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) アルカリ金属のみが可能とされていた長距離電子移動ハープーン反応を、有機分子オクタメチルカリックスピロール(omC4P)がハロゲンや擬似ハロゲンと行うことが初めて示され...
0500化学一般

非生物学的な嫌気的アンモニア酸化触媒を発見~新たな排水処理技術の開発や生命起源研究への貢献に期待~

2024-05-27 東京工業大学 要点 酸素分子を使わず嫌気的にアンモニアを活性化する人工触媒を発見 37種類の鉱物材料に対するスクリーニングで硫酸銅が触媒となることを確認 富栄養化問題から窒素が関わる生命起源研究に新たな知見を提示 概要...
0500化学一般

化学合成におけるAIの飛躍(An AI leap into chemical synthesis)

20024-05-21 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) EPFLのPhilippe Schwallerの研究チームは、化学研究の自動化を革新するAI「ChemCrow」を開発しました。ChemCrowは、GPT-4などの大規模言...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました