2019-06-03

スポンサー
1801細胞遺伝子工学

バクテリアにおける多コピーゲノムの複製制御と意義

複製する染色体のコピー数を細胞成長速度にあわせて変化させることで、細胞体積あたりの染色体数を一定に保つことができる、複数コピーの染色体は、UV及び光合成酸化ストレスなどによりダメージを受けたゲノム修復のバックアップ情報として機能している。
90医学

アルツハイマー病におけるアミロイド形成制御法を開発~光酸素化によるタウ凝集抑制効果を解明~

アルツハイマー病治療を目指して高活性を有する光酸素化触媒を新たに開発し、その触媒を用いた光酸素化が、アルツハイマー病の発症原因であるタウの凝集を抑制する効果を持つことを明らかにした。
0300航空・宇宙一般

小型無人機飛行安全・任務拡大技術

無人機の利活用はますます広がりを見せている。北海道大樹町にある大樹航空宇宙実験場で飛行実証試験を行い、開発中の各要素技術が、今後の小型実験用無人機の研究開発で次の段階へ進むために有効であることが確認できた。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました