輸送時の振動・搬送物の揺れを低減させる装置を開発 ~バイオ医薬品などの輸送への応用にも期待~

ad
ad

2021-05-12 科学技術振興機構,多摩川精機株式会社

ポイント
  • 輸送時の振動や揺れから搬送物を守るため、振動を常に抑制する技術が求められる。
  • JAXAの防振技術と多摩川精機の無揺動化技術を組み合わせ、振動のみならず、車両の傾きの影響や加減速・右左折による揺れも低減する無揺動防振装置を開発した。
  • 低減効果を定量的に確保した輸送品質を実現し、精密機器をはじめ医薬品などの特に振動や揺れに弱い物の輸送への応用が期待される。

JST(理事長 濵口 道成)は、研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ NexTEP-Bタイプの開発課題「輸送事業向け無搖動防振装置」において、目指していた成果が得られたと評価しました。この開発課題は、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 環境試験技術ユニット 梶川 隆史 研究開発員らの研究成果を基に、平成30年12月から令和3年3月にかけて多摩川精機株式会社(代表取締役社長 関 重夫、本社 長野県飯田市、資本金1億円)に委託して、同社スペーストロニックス研究所にて実用化開発を進めていたものです。

近年、輸送分野では、振動や揺れに弱い搬送物をより安全に運ぶニーズが高まっています。これまでは、搬送物を保護するために、ばねやゴム材などの柔軟な防振材で支持した防振器具が用いられてきました。しかし、柔軟な防振材はそれ自体の共振の相互作用により大きな振動を生じさせてしまうこともあり、常に振動を抑制できるわけではありませんでした。また、車両の傾きによる影響や加減速・右左折の加速度によって生じる搬送物自体の揺れを防ぐことも、搬送物にかかる加速度の低減効果を定量的に示すこともできていませんでした。本開発では、JAXAの防振(振動絶縁)技術と多摩川精機の無揺動化技術を組み合わせることにより、振動と揺れの両方を低減し、定量的な輸送品質を確保する無揺動防振装置を製作しました。

本装置は、振動や揺れに弱い精密機器や文化財、美術品を保護するとともに、振動でたんぱく質凝集体を生じやすいバイオ医薬品の品質低下を防ぐなど、医療分野の輸送でも活用が期待されます。また、陸上輸送だけでなく、より振動や揺れの大きい航空機への搭載などにも展開できると考えられています。

研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)は大学、公的研究機関などで生まれた研究成果を実用化し社会に還元することを目指す技術移転支援プログラムです。企業主導フェーズでは、大学などの研究シーズを用いて企業などが行う、開発リスクを伴う規模の大きい開発を支援し、実用化を後押しします。A-STEP企業主導フェーズ(NexTEP-Bタイプ/NexTEP-Aタイプ)は、令和2年度より「A-STEP企業主体(マッチングファンド型/返済型)」として公募しています。
URL https://www.jst.go.jp/a-step/

詳しい資料は≫

<お問い合わせ先>

<開発内容に関すること>
内海 信之介(ウツミ シンノスケ)
多摩川精機株式会社 スペーストロニックス研究所 ATLAS技術課

<JSTの事業に関すること>
沖代 美保(オキシロ ミホ)
科学技術振興機構 産学共同開発部

<報道担当>
科学技術振興機構 広報課
多摩川精機株式会社 総務部

タイトルとURLをコピーしました