1771年八重山津波と同規模、約600年間隔で4回起きていた

ad
ad

発表・掲載日:2017/12/04

先島諸島では、1771年八重山津波と同規模の津波が、過去2千年間に約600年の間隔で4回起きていた

静岡大学の安藤雅孝客員教授、北村晃寿教授、生田領野准教授、琉球大学の中村衛教授、東京大学の横山祐典教授、宮入陽介特任研究員、産業技術総合研究所の宍倉正展研究グループ長らの研究グループは、石垣島を含む先島諸島で初めて、砂質津波堆積物を発見し、その成果が国際誌Tectonophysicsにてオンライン公開されました。

1771年八重山地震は、最大波高30mの巨大津波を引き起こした琉球海溝沿いの最大の地震です。この地震に伴う八重山津波は、石垣島を中心に先島諸島全域にわたり、1万2千人の犠牲者と甚大なる被害を与えました。この八重山津波のメカニズムの研究は、これまでは主に津波石を用いて行われてきましたが、その分布からは津波の遡上限界を決定できません。一方、砂質津波堆積物の分布からは遡上範囲を決定できますが、先島諸島では、津波堆積物の分布を把握できる場所は未発見でした。しかし、本研究による調査用溝(トレンチ)で、津波堆積物の分布を正確に決定できる場所が発見され、過去2千年間に約600年間隔で、1771年八重山津波とほぼ同規模の津波が、4回起きていたことが判明しました。さらに、従来、八重山地震は “津波地震”(津波の大きさに比べ地震動が小さい、断層面上でゆっくりとしたすべりが生じた地震)と考えられていましたが、今回の調査ではトレンチ内から地割れがいくつも発見され、激しい地震動を伴う、“巨大地震”であったことが推定されました。以上の研究成果は、先島諸島の防災対策に有益な科学的知見となります。

論文情報

題名: Source of high tsunamis along the southernmost Ryukyu trench inferred from tsunami stratigraphy.
誌名: Tectonophysics, 722, 265-276.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0040195117304602
著者: 安藤雅孝1, 北村晃寿1, 2, Tu, Yoko 3, 大橋陽子2, 今井啓文2, 中村 衛4, 生田領野1, 2, 宮入陽介5, 横山祐典5、宍倉正展6
1: 静岡大学防災総合センター、2: 静岡大学理学部、3: 北海道大学大学院、4: 琉球大学理学部、5: 東京大学大気海洋研究所、6: 産業技術総合研究所活断層・火山研究部門

今回の研究のポイント

1) 1771年八重山地震は、最大波高30mの巨大津波を引き起こした琉球海溝沿いの最大の地震です(図1)。この地震に伴う八重山津波は、石垣島を中心に先島諸島全域にわたり、1万2千人の犠牲者と甚大なる被害を与えました。八重山津波の発生のメカニズムの研究は、これまでは主に津波石を用いて行われてきました(河名・中田, 1994; Goto et al., 2010a, b; Araoka et al., 2013)。しかし、津波石の分布からは津波の遡上限界を決定できないという重大な問題がありました。一方、砂質津波堆積物(津波により海底や浜辺から陸上に運び込まれた砂質の堆積物)の分布からは津波のおおよその遡上範囲を決定できますが、先島諸島では、津波堆積物の分布を把握できる場所は見つかっていませんでした。本研究の第一のポイントは、先島諸島で初めて、津波堆積物の分布を正確に把握できる場所を発見したことです(図2)。

タイトルとURLをコピーしました