2022-09

1201畜産

発育性向上遺伝子型を持つ改良型「みやざき地頭鶏じとっこ」の鶏肉販売本格開始~ 改良型への全羽置き換えにより地鶏生産農家の大幅生産量増加に期待~

2022-09-05 農研機構,宮崎県 ポイント 農研機構と宮崎県はこれまでに共同で、遺伝子選抜により発育性が向上した改良型「みやざき地頭鶏」を開発していました。種鶏1)を段階的に従来型から改良型へ置き換えを進め、今春、全羽の種鶏について改...
0402電気応用

リチウムイオン電池正極の低結晶層状構造を支える2種類の支柱

2022-09-05 京都大学 下田景士 産官学連携本部特定准教授、内本喜晴 人間・環境学研究科教授、廣井慧 高輝度光科学研究センター博士研究員、尾原幸治 同主幹研究員、大石昌嗣 徳島大学准教授の研究グループは、大型放射光施設SPring-...
0504高分子製品

高分子合成における新しい末端官能基化手法の開発に成功~N-置換マレイミドを配位子とする新規Pd錯体を用いたジアゾ酢酸エステルのC1重合による末端官能性ポリマーの合成~

2022-09-05 愛媛大学 研究のポイント N-置換マレイミドを配位子とする比較的安定な新規Pd(0)錯体の合成に成功した。 炭素―炭素結合を主鎖骨格にもつポリマーの新たな末端官能基化の手法の開発に成功した。 研究の概要 愛媛大学大学院...
ad
0505化学装置及び設備

硫黄の化学状態を50ナノメートルの高分解能で捉える計測技術を確立~リチウム硫黄電池の反応・劣化メカニズムの解明に期待~

2022-09-05 東北大学 【本学研究者情報】 〇国際放射光イノベーション・スマート研究センター 教授 高橋幸生 【発表のポイント】 物質内部の軽元素が示す化学状態を非破壊かつ高分解能で観察可能なテンダーX線タイコグラフィ計測システムを...
1201畜産

⽜のオレイン酸の含有量を⽣きたまま計測する道が開けた!~⾵味を決める⽜脂の質の磁気共鳴による計測に成功~

2022-09-05 産業技術総合研究所 ポイント 牛脂のプロトン横緩和時間データからオレイン酸の含有量を誤差2.2%で推定することに成功 磁気共鳴表面スキャナーを使って、肉用牛の脂質を生きたまま非破壊・非侵襲で計測可能に オレイン酸含有量...
0301機体システム

NASA、9月上旬にArtemis I打ち上げの試みを中止し、選択肢を検討中(NASA to Stand Down on Artemis I Launch Attempts in Early September, Reviewing Options)

2022-09-03 NASA 液体水素燃料供給ラインとスペースシャトル(SLS)ロケットとの接続部であるクイックディスコネクトからの水素漏れを克服できなかったため、Artemis I打ち上げ試行を中止した後、ミッションマネージャは会議を開...
0403電子応用

可変導電性エッジを開発(Researchers devise tunable conducting edge)

UCR主導の研究で報告された技術は、ナノエレクトロニクスへの応用が可能。 Technology reported in UC Riverside-led study has nanoelectronic applications 2022-...
1104空気調和

室内空気化学の再考:人は自ら酸化フィールドを生成し、周囲の室内空気化学を変化させる(Rethinking indoor air chemistry: People generate their own oxidation field and change the indoor air chemistry around them)

2022-09-02 マックス・プランク研究所 Computer modelling of the OH reactivity (left) and OH concentration (right) around human bodies ...
1900環境一般

新生代の温暖期における海洋酸素濃度の上昇(Enhanced ocean oxygenation during Cenozoic warm periods)

過去の温暖期には、外洋の酸素欠乏帯が縮小していた。 Earth’s past warm periods witnessed the shrinkage of the open ocean’s oxygen-deficient zones. ...
0500化学一般

光と反応する安定した分子を作る(Making stable molecules reactive with light)

2022-09-02 スウェーデン・リンショーピング大学 リンシェーピング大学の研究者は、コンピュータシミュレーションを使用して、光を使用して芳香分子を活性化することが可能であることを示しました。このタイプの反応は、光化学反応として知られて...
1200農業一般

ロボティクス人工気象室の構築と運用開始~栽培環境の再現と作物性能の推定を超精密に~

2022-09-02 農研機構 ポイント 農研機構は、栽培環境を精密に制御し、作物の環境応答を精密に解析できる、ロボティクス人工気象室を構築しました。また、これをスーパーコンピューター「紫峰」と連動した研究基盤として、このたび運用を開始しま...
1700応用理学一般

ナノダイヤモンド磁場イメージング ― 量子計測&機械学習の新展開

2022-09-01 東京大学 小林 研介(知の物理学研究センター/物理学専攻 教授) 蘆田 祐人(知の物理学研究センター/物理学専攻 准教授) 佐々木 健人(物理学専攻 助教) 塚本 萌太(物理学専攻 大学院生) 発表のポイント ナノダイ...
ad
タイトルとURLをコピーしました