動物用飼料の変更で10億人分の食料を供給可能(Changes to animal feed could supply food for one billion people)

ad
ad
ad
ad

家畜や魚に農業副産物をより多く与えることができ、人間のための食料を確保することができる。 Livestock and fish could be fed more agricultural by-products, freeing up food for people

2022-09-19 フィンランド・アールト大学

 

家畜や魚の餌を調整することで、生産を維持しながら人々が利用できる食料を増やす方法が示された。このような比較的簡単な変更により、天然資源の使用量を増やしたり、食生活を大きく変えたりしなくても、世界の食糧供給量を大幅に増やし、最大で13%多くの人々にカロリーを供給することができる。
研究チームは、世界の食糧生産システムにおける食糧と飼料、およびその副産物や残渣の流れを分析しました。そして、これらの流れをより良い結果に転換する方法を特定した。
穀物生産総量の最大10~26%および1,700万トンの魚(現在の水産物供給の~11%)を、動物飼料から人間利用へと振り向けることができる。正確なシナリオにもよるが、食糧供給における利益は、カロリー含有量では6〜13%、タンパク質含有量では9〜15%である。

<関連情報>

家畜や養殖の飼料にアップサイクルされた食品システムの副産物は、世界の食糧供給を増加させることができます。 Food system by-products upcycled in livestock and aquaculture feeds can increase global food supply

Vilma Sandström,Anna Chrysafi,Marjukka Lamminen,Max Troell,Mika Jalava,Johannes Piipponen,Stefan Siebert,Ollie van Hal,Vili Virkki & Matti Kummu
Nature Food  Published:19 September 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s43016-022-00589-6

Abstract

Many livestock and aquaculture feeds compete for resources with food production. Increasing the use of food system by-products and residues as feed could reduce this competition. We gathered data on global food system material flows for crop, livestock and aquaculture production, focusing on feed use and the availability of by-products and residues. We then analysed the potential of replacing food-competing feedstuff—here cereals, whole fish, vegetable oils and pulses that account for 15% of total feed use—with food system by-products and residues. Considering the nutritional requirements of food-producing animals, including farmed aquatic species, this replacement could increase the current global food supply by up to 13% (10–16%) in terms of kcal and 15% (12–19%) in terms of protein content. Increasing the use of food system by-products as feed has considerable potential, particularly when combined with other measures, in the much-needed transition towards circular food systems.

コメント

タイトルとURLをコピーしました