目に見えない静電気分布を発光させることにより直接的な可視化に成功~いつどこで発生するか分からない静電気の発生予測やリスク評価に役立つ新手法を開発~

ad
ad

2022-06-02 産業技術総合研究所

ポイント

  • 静電気の電荷の移動により発光するセラミックス材料を発見
  • セラミックス微粒子を発光センサーとして活用することで肉眼による静電気分布の可視化が実現
  • 新たなモニタリング技術で製造現場や次世代モビリティの静電気トラブルの回避に貢献

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)センシングシステム研究センター センサー情報実装研究チーム 菊永 和也 研究チーム長、4Dビジュアルセンシング研究チーム 寺崎 正 研究チーム長は、電荷に反応して発光するセラミックス微粒子を発見し、目に見えない静電気を目視やカメラで可視化する世界初の静電気発光センシング技術を開発した。

この技術は、静電気の発生を発光で可視化する新しいセンシング技術である。対象物に静電気で緑色に発光するセラミックス微粒子を塗布したり、合成樹脂に添加したフィルムを接着したりすることで、静電気を観察できる。これにより製造現場や次世代モビリティの分野で、いつ、どこに発生するか分からない静電気の時空間情報をデータとして蓄積し、製造プロセス条件などの改善策を立てることで、静電気による電子機器のトラブルの回避につながる。なお、この技術の詳細は、2022年6月2日(英国時間)にScientific Reportsで発表される。

タイトルとURLをコピーしました