磁性体の体積はスピン流で変化する~スピントロニクスを応用した精密機械の力学制御に道~

ad
ad

2022-05-12 東京大学

1.発表者
有沢  洋希(東北大学 金属材料研究所 博士課程3年)
小野  崇人(東北大学 大学院工学研究科 教授)
Hang Shim(研究当時:東北大学 大学院工学研究科 博士課程学生)
齊藤  英治(東京大学 大学院工学系研究科 物理工学専攻 教授/東北大学 材料科学高等研究所 主任研究者)

2.発表のポイント
◆電子の自転運動であるスピン(注1)の流れ(スピン流)を磁性体に注入することで磁性体の体積を変調可能であることを実証した。
◆スピン流由来の体積変化が磁性体中のスピンのゆらぎの変化に起因していることを明らかにした。
◆電子素子の省電力制御技術として期待されるスピン流が、力学素子制御技術としても応用できる可能性を示した。

3.発表概要
東北大学金属材料研究所の有沢 洋希 大学院生(研究当時:東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻特別研究学生)と、東京大学大学院工学系研究科の齊藤 英治 教授(東北大学材料科学高等研究所主任研究者兼任)らを中心とする研究グループは、東北大学大学院工学研究科の小野 崇人 教授、Hang Shim大学院生(研究当時)らと共同で、スピン流を用いて強磁性体の体積を変調できることを実証しました。

タイトルとURLをコピーしました