発見!溶液の電気化学電流にリザバー計算能力 ~水とイオンでニューラルネットワーク計算を実現へ~

ad
ad

2022-01-07 東京大学

次世代知能科学研究センター(AIセンター) の中嶋浩平准教授が参加する大阪大学、北海道大学、東京大学の共同研究グループは、溶液内の電気化学電流がリザバー計算の能力を示すことを世界で初めて明らかにしました。
リザバー計算とは、現在新しい人工知能として期待されるニューラルネットワーク計算の一つで、現在この計算機を物理的に作ろうとする研究が世界的に大きな注目を集めており、固体素子だけでなくスピンや光、様々な素材が研究対象となっています。
今回、研究グループは、高い酸化還元反応を持つ酸性分子水溶液および、蒸留水の中に発生する端子間の電気化学電流を多数同時計測することにより、溶液内の電極表面に発生する化学反応と電気的過渡応答信号が、高度なニューラルネットワーク計算に必要な非線形問題を解決する能力を持つことを解明しました。
今後、イオンを含む溶液素材の、安全で安価な人工知能デバイス開発への利用が期待されます。

この研究成果は、米国科学誌「Advanced Science」に、2021年12月29日(水)に掲載されました。

詳しい資料は≫

コメント

タイトルとURLをコピーしました