金融業界のデジタルトランスフォーメーション加速に向けて協業

ad
ad

富士通とPersonetics、金融業界のデジタルトランスフォーメーション加速に向けて協業 PersoneticsのAIレコメンデーションソリューションを富士通の「Finplex」ブランドでクラウド提供

2019-10-24 富士通株式会社,Personetics Technologies Ltd.

富士通株式会社(注1)(以下 富士通)と、Personetics(パーソネティクス) Technologies Ltd.(注2)(以下 Personetics)は、このほど、AIを活用したパーソナライズドバンキングサービスの提供において協業することで合意しました。

本合意に基づき、富士通は、PersoneticsのAIレコメンデーションソリューションを活用して金融機関の預金者などの利用者へフィナンシャルガイダンスとアドバイスを行うパーソナライズドバンキングサービスを、「FUJITSU 金融ソリューション Finplex(フィンプレックス)(以下、Finplex)」ブランドで、2020年度中にクラウドサービスとして提供を開始します。

両社は、各々が持つテクノロジーを融合することで、金融業界のデジタルトランスフォーメーションを加速し、利用者に新たな金融体験を創出します。

近年の金融サービスにおけるデジタル化の加速や、社会の多様化に伴い、個人ごとの金融状況や購買行動に基づく生活に密着したパーソナライズドバンキングサービスへのニーズが急速に高まっています。これらのニーズに対応するため、富士通とPersoneticsは、AIを活用したレコメンデーションソリューションの日本市場展開に向けて、再販契約を締結しました。今後、富士通は日本の商習慣や利用者ニーズに特化するパーソナライズドバンキングサービスとして追加開発し、2020年度中に富士通の「Finplex」ブランドでクラウドサービスとして提供していきます。本サービスにより金融機関は、利用者ごとに最適なフィナンシャルガイダンスとアドバイスを行うなど新たな付加価値を提供することで、利用者の満足度向上などにつなげることが期待できます。

今回の協業では、金融サービス利用者の家計管理とキャッシュフロー予測に関するPersoneticsの知見やAI技術をベースとした製品提供を受け、富士通が日本向けのパーソナライズドバンキングサービスの追加開発を行うとともに、初期導入からクラウドサービスの運用保守までを担います。両社は、初年度のパーソナライズドバンキングサービスの金融機関の利用者数として数十万人を目指します。

富士通株式会社 社会インフラビジネスグループ 第一システム事業本部長 橋本 亨のコメント

このたび、金融業界における先進的な技術と知見を持つPersoneticsと協業することで、日本の金融機関にパーソナライズドバンキングサービスという新しい価値を提供できることになりました。富士通は、日本の金融業界のデジタルトランスフォーメーションを加速させるため、今後も積極的に世界の先進的なフィンテック企業と連携していきます。

Personetics Technologies Ltd. CEO and C-Founder David Sosnaのコメント

このたびの富士通との協業には大きな期待をしています。パーソナライズドバンキングサービスに対する需要は世界中で急増しており、米国、欧州、アジアの多くの金融機関がすでにPersoneticsのテクノロジーを導入しています。信頼の高い総合ICTベンダーである富士通が、強力な販売パートナーとして、日本市場において本領域をけん引してくれると確信しています。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

注釈

注1 富士通株式会社:
本社 東京都港区、代表取締役社長 時田隆仁。
注2 Personetics Technologies Ltd.:
本社 イスラエル テルアビブ、CEO David Sosna。2010年創立のイスラエル発スタートアップ企業。世界各国のリーディングバンクに豊富な導入実績があり、世界で6,000万人以上の利用者を持つ。

本件に関するお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

タイトルとURLをコピーしました