西日本向けの多収・良食味水稲新品種「恋初めし(こいそめし)」

ad
ad

2018/09/06 農研機構

農研機構は、「きぬむすめ」より収穫期がやや遅い”やや晩生”で多収の良食味水稲新品種「恋初めし」を育成しました。収量は、「きぬむすめ」と比較して、2割程度多収です。玄米千粒重は24g程度で、やや大粒です。穂いもちと縞葉枯しまはがれ病1)に強い特長があります。多収性を活かし、業務用としての利用が期待されます。

概要
  • 農研機構は、西日本向けの多収・良食味水稲新品種「恋初めし」を育成しました。
  • 西日本で多く栽培されている「きぬむすめ」と比較すると、育成地 (広島県福山市) では出穂期は3日ほど、成熟期は5日ほど遅く、”やや晩生”です。
  • 収量は「きぬむすめ」より 2 割程度多収です。西日本を中心とした地域で実施した奨励品種決定調査では、それぞれの地域の対照品種より平均で13%ほど多収です。
  • 玄米千粒重は、「きぬむすめ」より3 gほど重く、24 g程度です。食味は、「きぬむすめ」に近い良食味です。
  • 穂いもちと縞葉枯病に強く、栽培適地は、西日本を中心とした地域です。
  • 多収性を活かし、業務用としての利用が期待されます。
関連情報
  • 予算:農林水産省委託プロジェクト研究「実需者等のニーズに応じた超多収良食味業務用及び超多収加工用水稲品種等の開発」および運営費交付金
  • 品種登録出願番号:第33003号(平成30年4月5日出願、8月14日出願公表)
お問い合わせ

研究推進責任者

農研機構 西日本農業研究センター 所長 水町 功子

研究担当者

同 水田作研究領域 水稲育種グループ 主任研究員 重宗 明子

広報担当者

同 企画部 産学連携室 広報チーム長 菅本 清春

詳細情報

新品種育成の背景・経緯

近年、主食用米の約4割が中食・外食等の業務用向けに販売されており、業務用実需者のニーズに応じた多収・良食味品種への要望が高まっています。農研機構で育成した、「あきだわら」、「たちはるか」などの多収で良食味の品種は、西日本でも業務用としての作付けが広がっています。

タイトルとURLをコピーしました