高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」

ad
ad

西南暖地でも安定して紫黒色果実が得られる良食味の極大粒品種

2018年2月15日 農研機構

ad
ad

ポイント

夏季の気温が高い西南暖地においても良好な着色1)(濃い紫黒色)が得られるブドウ「グロースクローネ」を育成しました。「巨峰」や「ピオーネ」の着色が困難な地域でも良好な着色が得られます。種なし栽培が可能で、「巨峰」、「ピオーネ」とほぼ同時期に収穫できる極大粒品種です。

概要


現在わが国で栽培されている大粒ブドウは、「巨峰」や「ピオーネ」など果皮が紫黒色の品種が中心ですが、夏季の高温の影響により、西南暖地を中心に着色不良2)が発生しています。「巨峰」や「ピオーネ」では、このような果実は”赤熟れ”と呼ばれ、商品性が著しく低くなるため、生産現場では大きな問題になっています。

そこで、農研機構は、夏季の気温が高くても良好な着色が得られる極大粒ブドウ品種「グロースクローネ」を育成しました。「グロースクローネ」は、「巨峰」、「ピオーネ」とほぼ同時期に収穫でき、ジベレリン処理3)により容易に種なし果を生産できます。ジベレリン処理果房の果粒は両品種よりも大きく20g程度となります。「グロースクローネ」は、「巨峰」、「ピオーネ」の着色不良が生じやすい西南暖地での大粒ブドウの生産に貢献します。

タイトルとURLをコピーしました