JAXAと国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)に基づく 第1回選定のナイロビ大学衛星の「きぼう」からの放出について

JAXAと国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)に基づく 第1回選定のナイロビ大学衛星の「きぼう」からの放出について

2018/05/11  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構  国連宇宙部(UNOOSA)

平成30年5月11日、第1回KiboCUBEとして選定された、ケニア共和国ナイロビ大学の超小型衛星(衛星名:1KUNS-PF※)が「きぼう」日本実験棟より放出されました。筑波宇宙センターでは、ケニア共和国教育省モハメド長官はじめ、駐日ケニア共和国マイナ大使、ナイロビ大学関係者、及び日本政府関係者が、筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制室より放出を見守りました(写真1、2参照)。

1KUNS-PFは、ケニア初の衛星として開発され、「きぼう」からの放出後、ナイロビ大学が衛星の運用を行います。今回得た経験・知識をもとに、将来的には自国の地球観測衛星の開発技術に応用されるものです。

KiboCUBEは、「きぼう」からの超小型衛星放出の利用機会を提供するプログラムで、発展途上国等の宇宙関連技術向上への貢献等を目指すべく、国連宇宙部とJAXAの間で推進しています。第3回公募を本年3月に締め切り、夏頃の選定に向けた準備が進めています。

第1回KiboCUBE1KUNS-PF(1st Kenyan University Nano Satellite-Precursor Flight)のスケジュール
  • 平成28年8月 第1回KiboCUBEとして選定
  • 平成30年1月16日 JAXAに衛星引き渡し
  • 平成30年4月2日 国際宇宙ステーション(ISS)へ打上げ
  • 平成30年5月11日 「きぼう」日本実験棟より、ロボットアームにより放出

関係者のコメントは別紙をご参照下さい。

(参考)国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)については、以下のプレスリリースを参照ください。

「きぼう」より同時放出された1KUNS-PF(ケニア)とIrazu(コスタリカ)

写真1:Photo of deployment of 1KUNS-PF(Kenya) and Irazu (Costa Rica) (deployed at the same time)
「きぼう」より同時放出された1KUNS-PF(ケニア)とIrazu(コスタリカ)

「きぼう」運用管制室にて

写真2:Photo of Kibo Mission Control Room
「きぼう」運用管制室にて

(別紙)関係者のコメント
JAXA 若田光一 有人宇宙技術部門理事のコメント

ケニア共和国初の人工衛星の「きぼう」日本実験棟からの放出成功おめでとうございます。今回の衛星放出の技術実証を第一歩として、ケニアの次の人工衛星ミッションに繋がることを期待します。今回放出されたケニア共和国ナイロビ大学の超小型衛星(1KUNS-PF)は第1回KiboCUBEとして国連宇宙部とJAXAの共同で選定されたものです。国連宇宙部のご尽力に感謝申し上げると共に、今後更に両機関の協力が進む事を期待しています。国際宇宙ステーションにおいて「きぼう」日本実験棟だけが有するユニークな機能を活用した衛星放出ミッションを通して、ケニアの宇宙技術の発展に貢献できる事を誇りに思います。
Congratulations on the successful deployment of the first satellite of the Republic of Kenya from the Japanese Experiment Module “Kibo”! I hope this successful first step of satellite deployment as technology demonstration will lead to the next stage of satellite missions from the Republic of Kenya. The CubeSat (1 KUNS-PF) of the University of Nairobi of the Republic of Kenya which was deployed today is the first KiboCUBE jointly selected by the United Nations Office for Outer Space Affairs (UNOOSA) and JAXA. I would like to express my sincere gratitude to UNOOSA for their tireless effort in preparing for this joint mission, and I look forward to further extending the cooperation between the two organizations. I am proud that we are contributing to Kenya’s emerging space technology through the CubeSat deployment mission utilizing the unique capability of the Japanese Experiment Module “Kibo” on the International Space Station.

国連宇宙部 Di Pippo部長(UNOOSA Director Ms.Simonetta Di Pippo)のコメント
(意訳(JAXA訳))

KiboCUBEでの初めての衛星は、宇宙活動の恩恵を全ての人々、そして全ての場所に広めていくという、国連宇宙部の使命を示しています。ナイロビ大学のチームが宇宙技術を開発・活用するのを目にすることは素晴らしいことであり、ケニア共和国が宇宙にアクセスしてその恩恵を受けるために、自国のスキル、経験及びインフラを開発していくことは重要なステップです。今日という重要なマイルストーンを迎えられた全ての皆さんにお祝い申し上げます。またKiboCUBEプログラム及び国連宇宙部に対するJAXAの支援について、改めて感謝申し上げます。
本日は、国連宇宙部のキャパビル活動の一環として、初めて実際にハードウェアが宇宙に放出されたという意味で、我々にとって大事な日でもあります。全ての人々に対し、宇宙へのアクセスを可能にしたいという、我々の取組みの発展において、エキサイティングなステップです。
This first KiboCUBE satellite brilliantly represents our mission at the Office for Outer Space Affairs: bringing the benefits of space to everyone, everywhere. It is fantastic to see the team from the University of Nairobi build and employ space technology, and it is an important step for Kenya in developing its own skills, experience and infrastructure to access and enjoy the benefits of space. Congratulations to everyone involved in reaching this important milestone today. I also extend my continued appreciation to JAXA for their ongoing support to the KiboCUBE programme and to UNOOSA.
This is also an important day for UNOOSA as it is the first time that space hardware has been deployed as part of our capacity-building activities. It is an exciting step for us in the development of our efforts to bring access to space to all of humankind.

ナイロビ大学 Peter Mbithi 副学長のコメント
(意訳(JAXA訳))

ナイロビ大学は、1KUNS-PFの開発を完了し、本日ISS「きぼう」より無事に放出されました。この成功はナイロビ大学及びケニアにとって大事なマイルストーンであり、我々が宇宙科学に参加するための、新たな機会を創出するものと考えます。国際パートナーとケニア政府のこれまでの協力に感謝申し上げます。また、ケニアの将来的な衛星の開発に繋げるためにも、この協力が将来的にも継続されることを期待します。
The University of Nairobi have completed the development of 1KUNS-PF satellite and it was successfully deployed from the JAXA Kibo Module of ISS. This achievement is an important milestone for University of Nairobi and Kenya, and it is our vision that it will create new opportunities for the University of Nairobi and Kenya to participate in space science. We are grateful for the support provided by international partners and the Government of Kenya during this mission, and we hope that this will continue in the future so that we can build the capacity for Kenyans to benefit and build more satellites.