2018-05-26

2004放射線利用

世界初、4.4MeVガンマ線の高精度イメージングに成功

1-10メガ電子ボルト (MeV) のガンマ線を可視化できるコンパクトなカメラを開発した。さらに、陽子線治療中に生ずる4.4MeVの即発ガンマ線を高精度でイメージングすることに初めて成功した。
1701物理及び化学

「電子液晶」が超伝導に与える影響を直接観測

鉄系超伝導体の一種であるセレン化鉄において、電子状態が一軸的方向性を持つ「電子液晶」状態が超伝導に大きな影響を与えていることを実験的に明らかにした。
1801細胞遺伝子工学

膵臓がんが発生する新たなメカニズムを解明

体細胞からiPS細胞への初期化の最初の段階として分化細胞の特徴が失われる脱分化がある。膵臓がんの遺伝子変異に加えて部分的な初期化を起こすことで初めてがん化した。膵臓がん発症には脱分化に伴うエピジェネティックな変化が重要である。
1801細胞遺伝子工学

日本人におけるレアバリアントの心筋梗塞発症への関与を解明

大規模ヒトゲノム研究を行い、日本人における心筋梗塞発症と強く関係する遺伝子変化「レアバリアント(rare variant)」を明らかにした。
90医学

コンゴ民主共和国のエボラ出血熱流行拡大防止に日本の技術が再び貢献

エボラ出血熱流行地の深刻な実態に迅速に対応するため、同国国立生物医学研究所(INRB)に日本の企業より無償で提供されたエボラウイルス迅速診断キット500テストを提供した。併せてバイクや発電機も提供した。
タイトルとURLをコピーしました