2018年2月6日台湾・花蓮の地震に伴う地殻変動

ad
ad

合成開口レーダー(SAR)解析によって明らかとなった地殻変動

2018年2月16日 国土地理院

 

概要

2018年2月6日(UTC)に台湾・花蓮付近でMw6.4(USGS)の地震が発生しました。震央付近では建物が倒壊し死者が出るなど、大きな被害が生じています。この地震に伴う地殻変動を把握するため、日本の地球観測衛星「だいち2号」(ALOS-2)に搭載された合成開口レーダー(PALSAR-2)のデータを使用してSAR干渉解析を行いました。

これまでの解析により、以下のことがわかりました。

  • 震央から南に約20km離れた花蓮市(Hualien)周辺で顕著な地殻変動が見られます。
  • 花蓮市の西部で衛星から遠ざかる向きの変動(沈降もしくは東向きの変位)が見られます。
  • 花蓮市の中心部を通る活断層に沿って、変位の不連続が見られます。この活断層に沿って地表地震断層が現れている可能性があります。

※ より詳細な分析等により、今後内容が更新されることがあります。

3次元及び2.5次元解析結果

図1. 3次元変動量分布※。(a)全体図、(b)花蓮市周辺拡大図。図3(b)(c)と図4(b)(c)から計算。
色は上下変動(暖色系が隆起、寒色系が沈降)、矢印の向きは水平変動の方向、大きさは変位量を示す。

図2b準東西

タイトルとURLをコピーしました