山火事の煙が北極圏の植物プランクトンの成長を加速させた可能性(Wildfire Smoke May Have Amplified Arctic Phytoplankton Bloom)

ad
ad

2022-09-19 ノースカロライナ州立大学(NCState)

ノースカロライナ州立大学とカナダのタクビック国際研究所(CNRS/ラヴァル大学)は、シベリアの森林火災の煙が北極海に十分な窒素を輸送し、植物プランクトンのブルームを増幅させた可能性があることを明らかにした。
2014年夏、北極の南約850kmに位置するラプテフ海において、衛星画像から通常よりも大きな藻類のブルームが検出された。
北極海は窒素が枯渇しているため、これほど大規模なブルームが発生するには、新たな窒素の大量供給が必要である。
モデルによるシミュレーションの結果、ブルームが検出され、シベリアの山火事が燃えた2014年の7月末から8月にかけて、大気からの窒素沈着量は、前後の年のほぼ2倍であることがわかりました。
山火事が起こった時、それらがもたらす栄養分が、持続的または複数のブルームにつながる可能性がある。

<関連情報>

山火事によるエアロゾル沈着が北極圏の夏期の植物プランクトンブルームを増幅させた可能性 Wildfire aerosol deposition likely amplified a summertime Arctic phytoplankton bloom

Mathieu Ardyna,Douglas S. Hamilton,Tristan Harmel,Léo Lacour,Diana N. Bernstein,Julien Laliberté,Christopher Horvat,Rémi Laxenaire,Matthew M. Mills,Gert van Dijken,Igor Polyakov,Hervé Claustre,Natalie Mahowald & Kevin Robert Arrigo
Communications Earth & Environment  Published:19 September 2022
DOI:https://doi.org/10.1038/s43247-022-00511-9

Abstract

Summertime wildfire activity is increasing in boreal forest and tundra ecosystems in the Northern Hemisphere. However, the impact of long range transport and deposition of wildfire aerosols on biogeochemical cycles in the Arctic Ocean is unknown. Here, we use satellite-based ocean color data, atmospheric modeling and back trajectory analysis to investigate the transport and fate of aerosols emitted from Siberian wildfires in summer 2014 and their potential impact on phytoplankton dynamics in the Arctic Ocean. We detect large phytoplankton blooms near the North Pole (up to 82°N in the eastern Eurasian Basin). Our analysis indicates that these blooms were induced by the northward plume transport and deposition of nutrient-bearing wildfire aerosols. We estimate that these highly stratified surface waters received large amounts of wildfire-derived nitrogen, which alleviated nutrient stress in the phytoplankton community and triggered an unusually large bloom event. Our findings suggest that changes in wildfire activity may strongly influence summertime productivity in the Arctic Ocean.

コメント

タイトルとURLをコピーしました