レーザー光源を採用したデスクトップ型の短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4960/WXL4960NI」を新発売 ~教室の大型提示装置として投写位置を制約しない教卓設置タイプ~

ad
ad

2022-06-22 株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則 以下、リコー)は、レーザー光源を採用したデスクトップタイプの短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4960/RICOH PJ WXL4960NI」を2022年7月1日に発売します。

「RICOH PJ WXL4960/RICOH PJ WXL4960NI」は、「RICOH PJ WX4241/RICOH PJ WLX4241N」の後継機で、教室の大型提示装置としてふさわしいスペックと機能を搭載し、さらに使いやすくなりました。リコー独自の前面入力端子やオートエコモードを踏襲し教育現場に配慮した設計に加え、レーザー光源の採用によって明るく鮮明な画質、長寿命、利便性の向上を実現しました。教卓設置タイプで投射位置が制約されないため、板書を邪魔せず黒板を自在に使えます。さらに、USB Type-C®入力端子を装備し、今後ますます増加するとみられる、USB Type-C®出力のみの小型ノートPCに対応します。また、「RICOH PJ WXL4960NI」は電子ペンによるPC操作や書込みができる3種類のインタラクティブ機能を標準搭載しており、お客様が利用される環境にあわせてお選びいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました