ヘルクレス座τ流星群の活発な出現を観測

ad
ad

2022-06-21 国立天文台


ヘルクレス座τ流星群の明るい流星。2022年5月31日14時55分(日本時、現地時刻5月30日22時55分)、アメリカ・カリフォルニア州ユッカバレー郊外にて撮影。(クレジット:国立天文台)表示画像はトリミングしています。 オリジナルサイズ(15.6MB)


ヘルクレス座τ(タウ)流星群は、73P/Schwassmann-Wachmann(シュバスマン・バハマン)彗星(すいせい)(以下、73P彗星)を起源とする流星群です※。1930年に日本での出現記録がある他には、これまで目立った流星の出現がありませんでした。

※流星群の元になる塵(ちり)を放出した起源の天体を母天体(ぼてんたい)と言います。彗星である場合は、母彗星(ぼすいせい)とも言います。

2022年5月末、地球がダスト・トレイルに接近

流星の元となる塵(ちり)(ダストあるいは流星物質とも言う)は、ミリメートルからセンチメートルのサイズ(大きさ)だと考えられています。彗星から放出されたこのようなサイズの塵は、彗星の前後で太陽を周回(公転)しながら、チューブ状の細長い構造を形成します。これを「ダスト・トレイル」と呼んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました