史上最速の新星を観測した奇妙な星(There in a flash: A weird star produced the fastest nova on record)

ad
ad
ad
ad

太陽系や宇宙に関する長年の疑問に答える発見かもしれない Discovery may help answer longstanding questions about our solar system and the Universe

2022-06-15 ミネソタ大学

天文界がV1674ヘラクレスに注目する中、他の研究者はそのスピードだけが異常な特徴ではないことに気づきました。この天体が発する光とエネルギーは、まるで反響する鐘の音のように脈打っているのだ。
501秒に一度、可視光線とX線で見ることができる揺らぎがあるのです。新星は爆発から1年経った今でもこの揺れを見せ続けており、さらに長い間続いているようです。スターフィールド氏らは、この「ゆらぎ」の研究を続けている。
研究チームは、新星爆発によって放出された物質をモニターして、奇妙なことにも気づきました。白色矮星とその伴星の位置に依存すると思われるある種の風が、系を取り巻く宇宙への物質の流れを形成しているのです。

<関連情報>

V1674 ヘラクレス: 風をはらんでいる V1674 Hercules: It is Blowing out a Wind

C. E. Woodward, R. Mark Wagner and Sumner Starrfield
IOP Science  Published June 2022

Abstract

V1674 Her was not only the fastest nova on record, it was also a rare hybrid event, showing a transition between the Fe ii and He/N nova classes as early as 5.5 days after the outburst. Spectra now indicate the outburst is over; emission lines from the underlying binary system are now seen, although broad but weaker forbidden nebular emission lines are also present. Intriguing at this late evolutionary stage is a P Cygni-like line profile associated with Hα suggesting the presence of a wind emanating from the binary system. The profile exhibits intensity and velocity variations perhaps correlated with its 0.153 day orbital period.

タイトルとURLをコピーしました