統合により、森林のインベントリや管理の技術が飛躍的に向上しました。(Integration leads to leap in tech for forest inventory, management)

ad
ad

2022-06-06 バッファロー大学(UB)

パデュー大学のデジタルフォレストリーの研究チームは、空と地上のモバイルマッピングセンサーとシステムの統合により、数時間のうちに1000本以上の木の位置を特定し、数え、測定する先進的な技術を開発しました。
世界の森林生態系の迅速かつ正確なインベントリー作成に向けた画期的な開発であり、森林火災の防止、病気の検出、正確な炭素計測、情報に基づいた森林管理の意思決定などの能力を向上させることができます。
この技術は、有人飛行機、無人ドローン、バックパック搭載のシステムを使用します。このシステムは、光検出・測距装置(LiDAR)を備えたカメラと、統合型グローバルナビゲーション衛星システム(GNSS)および慣性航法システム(INS)を含むナビゲーションセンサーを統合しています。

<関連情報>

森林インベントリのためのマルチプラットフォーム、マルチ解像度、多時刻LiDARデータの比較解析
Comparative Analysis of Multi-Platform, Multi-Resolution, Multi-Temporal LiDAR Data for Forest Inventory

Yi-Chun Lin,Jinyuan Shao,Sang-Yeop Shin,Zainab Saka,Mina Joseph,Raja Manish,Songlin Fei and Ayman Habib
Remote Sensing    Published: 29 January 2022
DOI: https://doi.org/10.3390/rs14030649

タイトルとURLをコピーしました