国連生物多様性の10年『グリーンウェイブ2020』」の実施結果について

ad
ad

2020-09-18 環境省

環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)は、2020年3月1日から6月15日までの期間、「国連生物多様性の10年『グリーンウェイブ2020』」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。

 その結果、90団体の参加、40団体の協力の下、1,213人の参加を得て、891本の植樹が行われるなど、様々なグリーンウェイブ活動が行われました。

 この度「グリーンウェイブ2020」に御参加いただいた団体数等についてとりまとめたところ、以下の結果となりました。

 本年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う活動自粛等の影響があり、例年よりは縮小したものの、感染拡大の防止に留意しつつ、「オフィシャル・パートナー制度」によるパートナーを中心とした活動が実施され、植樹等のイベントをきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発が促進されました。(参加団体による取組は別添資料を参照)

○「グリーンウェイブ2020」の実施結果

 (1)参加団体(グリーンウェイブ活動を計画及び実施した、または植樹等の行事に参加した団体) 90団体

    協力団体(苗木・場所の提供や技術指導等を実施した団体) 40団体

 (2)植樹等の活動に参加した人数  1,213人

 (3)植樹した本数  891本

○参加団体数、参加人数及び植樹本数(2011年からの累積数)

 

<結果概要>(括弧内は昨年の数値)

参加団体数:90団体(393団体)

参加人数 :1,213人(20,309人)

植樹本数 :891本(18,407本)

※黄色箇所:オフィシャル・パートナーが取りまとめた活動による数値。実績の内数。

 <オフィシャル・パートナーが取りまとめた活動>(分母は今年の全体数)

 参加団体数:62団体/90団体(約7割) 参加人数:1,080人/1,213人(約9割)

タイトルとURLをコピーしました