2022-04

1700応用理学一般

新しい粒子検出器により、星における炭素生成の別の経路を研究(Novel particle detector used to study alternate path to carbon creation in stars)

2022-04-26 ワシントン大学セントルイス ワシントン大学セントルイスは、地球上のすべての生命を可能にした宇宙の原始的な反応の一つについて新たな洞察を得た共同研究の一翼を担っています。 生命の基本構成要素として世界的に知られている...
1701物理及び化学

ゼロインデックス・メタマテリアルが量子力学の基礎に新たな知見をもたらす(Zero-index metamaterials offers new insights into the foundations of quantum mechanics)

アインシュタインの足跡をたどって、そしてその先へ In Einstein's footsteps and beyond 2022-04-27 ハーバード大学 量子物理学が始まって以来、光がどのように動き、周囲の物質と相互作用するかは、...
0501セラミックス及び無機化学製品

自然からヒントを得た、飛行機、建物、骨インプラントのための強靭で軽量な材料(Nature-inspired Strong, Lightweight Material for Planes, Buildings, and Bone Implants)

2022-04-27 ジョージア工科大学 プリンストン大学の研究室から生まれた材料は、穴だらけ--。骨や木などの天然素材を模倣して設計されたこの多孔質体は、従来の製品よりも軽く、構造物に戦略的に挿入することで、需要の多い部分に高い剛性を持...
0303宇宙環境利用

火星での居住地候補の多くは、ソーラーが原子力を凌駕する(Solar beats nuclear at many potential settlement sites on Mars)

2022-04-27 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) 最新の太陽電池技術の高効率、軽量、柔軟性により、火星への長期滞在や定住に必要な電力はすべて太陽光発電でまかなえる可能性があることが、カリフォルニア大学バークレー校の科学者によ...
1400水産一般

明日の水産業(Tomorrow’s Mariculture)迅速で、協調的で、慎重な行動により、海を持続的に耕し将来の人口に食糧を供給する。 With swift, concerted and careful action, the ocean can be sustainably cultivated to provide food for future populations

2022-04-26 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) 私たちの孫の世代には、世界人口は100億人を超えるといわれています。それは、養うべき人の数が多いということです。従来の陸上での食肉生産手段は、拡大のための厳しい限界と気...
0101機械設計

新たな高みへの挑戦(Hitting New Heights)~人工・生物を問わず、既知のジャンパーの中で最も高い跳躍を達成(A device developed the tallest height of any known jumper, engineered or biological)~

ホークス研究室で開発された装置が、人工・生物を問わず、既知のジャンパーの中で最も高い跳躍を達成した A device developed in the Hawkes Lab achieves the tallest height of a...
2001原子炉システムの設計及び建設

慣性閉じ込め核融合実験の鍵を握る測定比率を更新(Researchers update measurement ratios key for inertial confinement fusion experiments)

2022-04-27 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の研究者は、重水素-三重水素(D-T)核融合反応におけるガンマ(γ)-中性子分岐比の測定を精密に行った。 この反応は、...
0505化学装置及び設備

核磁気共鳴のレーザー検出器の小型化に成功~量子技術による化学分析の道を開拓~

2022-04-27 京都大学 武田和行 理学研究科准教授と冨永雄介 同博士課程学生(現:同特定研究員)の研究チームは、ハイブリッド量子技術を用いた核磁気共鳴法(Nuclear Magnetic Resonance; NMR)の光検出...
0505化学装置及び設備

キラル触媒と溶媒を繰り返し使用可能な不斉合成技術: 水溶媒による環境負荷低減とエネルギー消費量の削減を実現

2022-04-27 東京大学 小林 修(化学専攻 教授) 北之園 拓(化学専攻 助教) 発表のポイント 触媒的不斉合成(注1)に広く用いられるキラルルイス酸触媒(注2)を溶媒と共に回収し、活性を保持したまま繰り返し再使...
1701物理及び化学

ホットジュピターの大気の系統的な特性を解明

2022-04-26 国立天文台 今回の研究対象となった25個のホットジュピターの概念図。(クレジット:ESA/Hubble, N. Bartmann)オリジナルサイズ(2.2MB) 主星の近くを公転する巨大惑星(ホ...
ad
タイトルとURLをコピーしました