「ミリ波」を利用した5Gサービスの提供を開始

ad
ad

2020-09-18

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、28GHz帯(以下、ミリ波)を利用した5Gサービスの提供を、2020年9月23日(水曜)から開始します。

ドコモの通信は5Gでさらに進化し、高速・大容量な通信を実現の画像

「ミリ波」を利用した5Gサービスの通信速度は、提供開始時点で受信時最大4.1Gbps、送信時最大278Mbps※1で、2020年冬以降、送信時最大480Mbps※1※2になります。対応エリア内では、3.7GHz帯/4.5GHz帯を利用した5Gサービスよりも、さらに高速の通信が可能です。

対応エリアは2020年9月末時点で、164か所を予定しています。※3

また、当初の対応機種はデータ通信製品「Wi-Fi STATION SH-52A」※4で、2020年冬以降、「ドコモ スマートフォン arrows 5G F-51A」、「ドコモ スマートフォン Galaxy S20+ 5G SC-52A」が、ソフトウェアアップデートにより順次対応する予定です。

なお、「ミリ波」を利用した5Gサービスは、通常の5Gサービスの料金でご利用になれます。

ドコモは、「5G」を通じて新しい価値の創出や社会課題の解決に貢献し、お客さまの生活がより便利で、豊かなものになるよう努めてまいります。

「ミリ波」による5Gサービスの概要は、別紙のとおりです。

  1. 通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。
  2. 2020年冬以降に提供する各対応機種のソフトウェアアップデートにより、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsに対応します。「Wi-Fi STATION SH-52A」のソフトウェアアップデートにはパケット通信料がかかります。なお、ソフトウェアアップデートの時期は機種により異なりますので、ドコモのホームページでご確認ください。
  3. 2020年9月23日(水曜)時点の対応エリアは、66か所です。なお、対応エリアの情報は準備ができ次第、ドコモのホームページで順次公開します。https://www.nttdocomo.co.jp/area/5g/
  4. 「Wi-Fi STATION SH-52A」はソフトウェアアップデートにより「ミリ波」に対応します。「Wi-Fi STATION SH-52A」のソフトウェアアップデートにはパケット通信料がかかります。

別紙 「ミリ波」による5Gサービスの概要

1.サービス開始日

2020年9月23日(水曜)

タイトルとURLをコピーしました