点呼精度向上に向けた「点呼・運行前点検システム」の開発を開始

ad
ad
ad
ad

コロナ禍に対応し、非対面での点呼・点検の完結が可能に

2021-03-29 日本通運株式会社,株式会社NTTドコモ

日本通運株式会社(社長:齋藤充 以下、日本通運)と株式会社NTTドコモ(社長:井伊基之 以下、ドコモ)は、日々の点呼業務の省力化および高精度な点呼・点検が実施可能な「点呼・運行前点検システム」(以下、本システム)の開発について、2021年3月22日(月曜)に合意し、4月1日(木曜)から開発を開始いたします。

昨今、貨物自動車運送事業輸送安全規則に定められた運行管理者の業務は、ドライバーの労務管理から、運行スケジュール管理、教育など多岐に渡り、非常に多くの時間・労力を費やしています。
また、車両数が多く、複数の運行管理者の選任が義務付けられている営業所では、個々のドライバーの既往症や健康管理の状況、前日の運行状態、健康状態などの情報の引継ぎが行いにくいなど、点呼精度の観点から多くの課題があります。

日本通運が、2013年から営業用車両の運行管理などに使用している「オペレーション支援システム」の通信回線やスマートフォンの提供をドコモが担当してきたことを踏まえ、このような運輸業界の課題解決に向け、両社は、国土交通省「交通運輸技術開発推進制度」2018年度採択業務である「機械化技術の採用による点呼の精度向上の研究(3か年)」について、2018年6月から2021年3月まで共同研究(以下、本研究)を行ってまいりました。

タイトルとURLをコピーしました