ホステルにおいてモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した 接客サービスを開始

スポンサーリンク

無人のフロントデスクでロボットを通じてチェックイン・アウトなどができる

2020-05-20 株式会社bnb plus,シャープ株式会社

「bnb+ 虎ノ門店」フロント

株式会社bnb plus(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高志保博孝)とシャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役会長兼社長:戴正呉)は、bnb plusが運営するホステル「bnb+ 虎ノ門店」において、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した接客サービスの提供を、本年6月1日より開始します。

本サービスは、シャープが新たに開発したロボホンによる「遠隔接客ソリューション」を活用します。「bnb+ 虎ノ門店」の無人のフロントデスクにロボホンを設置。ロボホンに搭載したカメラがお客様を検知すると、あらかじめ設定した「おもてなし」メッセージを発話します。スタッフは離れた場所にある事務所の中で、スマートフォンやタブレット端末を用いてお客様の映像や音声を確認。お客様の名前の確認や問いかけたい内容、質問への回答などをスマートフォンやタブレット端末に文字で入力すると、ロボホンがスタッフに代わって発話します。お客様は、ロボホンを通じてチェックイン・アウトやスタッフへの相談などをすることができます。

新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、接客距離の確保や接客時間の短縮が求められる中、bnb plusとシャープは、新たな接客スタイルを提案してまいります。

■ 遠隔での接客サービスのイメージ

【株式会社bnb plusについて(https://bnbplus.jp/)】

株式会社bnb plusは、2018年1月に創業したホステルオペレーターです。東京・大阪を中心に、現在20店舗を運営しており、2020年末までに、新たに10店舗の出店を計画しています。自社開発の宿泊予約施設管理システム「bnb+ 顔パス」は、顔認証システムを活用し、チェックイン・アウトなどのスタッフ業務の効率化を実現。今後は、「bnb+ 顔パス」とロボホンを連携し、新たな接客スタイルの構築を目指します。

【「ロボホン」について(https://robohon.com/)】

ロボホンは、シャープ株式会社とロボットクリエイターの高橋智隆氏(株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)が共同で開発した会話のできるモバイル型ロボットです。身長 約19.8cmの小型サイズで、身振り手振りを交えて会話したり、歌ったりすることができます。

●「ロボホン」「Robohon」はシャープ株式会社の登録商標です。

(注)
ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする