岩の中で生き続けた微生物が岩塊からの重金属類汚染を食い止める

ad
ad
ad

汚染物質であるセレンの環境流出を防ぐ、セレン不溶化処理技術の開発に前進

2020-09-15 産業技術総合研究所

ポイント

  • トンネル掘削などで生じる岩塊の中でセレンの不溶化(還元)を担う微生物を発見
  • セレン還元微生物に栄養源を与えることで、セレン不溶化を促進
  • 岩塊からのセレン溶出を阻止する新しい低環境負荷の環境浄化技術の開発に期待

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 石村 和彦】(以下「産総研」という)環境創生研究部門【研究部門長 尾形 敦】環境生理生態研究グループ 青柳 智 研究員、堀 知行 主任研究員は、太平洋セメント株式会社【代表取締役社長 不死原 正文】(以下「太平洋セメント」という)中央研究所【中央研究所長 高野 博幸】第2研究部 建設マテリアルチーム 森 喜彦 研究員、七尾 舞 研究員と共同で、トンネル掘削工事などで発生する岩塊中に生きた微生物が存在すること、さらにそれらが岩塊に自然に含まれる有害で処理困難な重金属類のセレンを不溶化することを見いだした。

掘削で生じた岩塊(掘削ずり)に含まれる重金属類のセレンが雨水などでイオン化して環境基準を超えた濃度で溶け出し、地下水などを汚染する恐れがあるため、汚染を防止するために環境にやさしいバイオレメディエーションの開発が求められている。今回、岩塊内にセレン還元微生物が生き延びて存在することを突き止めた。また、乳酸を栄養源として与えると、それらの微生物を活性化でき、効率的にセレンを不溶化できることを初めて見いだした。今回の成果により、微生物を用いた新しい低環境負荷のセレン不溶化処理技術の開発、さらには地下水汚染防止にもつながることが期待される。

なお、この成果の詳細は、2020年9月13日(英国夏時間)に国際学術誌「Journal of Hazardous Materials」にオンライン掲載された。

図

トンネル掘削工事で生じた岩塊(掘削ずり)中の微生物によるセレン不溶化メカニズムの概略図

コメント

タイトルとURLをコピーしました