1102水質管理

微生物を活用した鉱山廃水処理システムの開発に成功~細菌の新しいマンガン酸化のしくみを利用~ 1102水質管理

微生物を活用した鉱山廃水処理システムの開発に成功~細菌の新しいマンガン酸化のしくみを利用~

2024-07-03 産業技術総合研究所 ポイント 微生物を活用した坑廃水処理システムをパイロットスケールで開発 微生物の栄養となる有機物を添加せずに廃水中のマンガンを98%以上除去 細胞外電子を利用して炭酸固定を行うとみられる細菌群がマン...
AIは有毒な「青潮」の予測に役立つ(AI can help forecast toxic “blue-green tides”) 1102水質管理

AIは有毒な「青潮」の予測に役立つ(AI can help forecast toxic “blue-green tides”)

2024-06-21 ロスアラモス国立研究所(LANL) ロスアラモス国立研究所の科学者チームは、AIモデリングを使用して、有害な藻類ブルーム(HAB)が水質に与える影響を予測し理解することを目指している。気候変動と水温上昇により、HABの...
醸造所からバイオフィルターへ: 酵母ベースの浄水を可能にする(From Brewery to Biofilter: Making Yeast-Based Water Purification Possible) 1102水質管理

醸造所からバイオフィルターへ: 酵母ベースの浄水を可能にする(From Brewery to Biofilter: Making Yeast-Based Water Purification Possible)

2024-05-15 ジョージア工科大学 ジョージア工科大学の研究者は、酵母を利用した環境に優しい水や土壌の浄化方法を開発しました。酵母は発酵過程で生じる安価な副産物で、バイオ吸着材として効果的です。研究により、酵母が微量の鉛を迅速に除去で...
ad
よりきれいな水をつくる手がかり(The Clues for Cleaner Water) 1102水質管理

よりきれいな水をつくる手がかり(The Clues for Cleaner Water)

2024-05-06 ピッツバーグ大学 ピッツバーグ大学とドレクセル大学、ブルックヘブン国立研究所の研究者たちが、水の消毒方法を持続可能なものにするための研究を進めています。彼らの研究は、電気化学的オゾン生成(EOP)技術に焦点を当てており...
世界の水源から飲料水ガイドラインを超えるPFAS「永遠の化学物質」が検出される(PFAS ‘forever chemicals’ above drinking water guidelines in global source water) 1102水質管理

世界の水源から飲料水ガイドラインを超えるPFAS「永遠の化学物質」が検出される(PFAS ‘forever chemicals’ above drinking water guidelines in global source water)

2024-04-08 ニューサウスウェールズ大学(UNSW) PFAS(Per-およびPoly-Fluoroalkyl Substances)は、1950年代以来、熱、水、グリース、シミに抵抗するさまざまな用途で人気があり、一度環境や私たち...
フェノールを含む廃水の処理の成否を左右する微生物群を特定~メタン生成アーキアと共生する微生物の管理が鍵~ 1102水質管理

フェノールを含む廃水の処理の成否を左右する微生物群を特定~メタン生成アーキアと共生する微生物の管理が鍵~

2024-02-13 産業技術総合研究所 ポイント 生物毒性物質であるフェノールの分解処理に関するエンジニアリングデータを取得 フェノール廃水の分解に関与する微生物群を特定、さらにバルキング現象の原因となる未知微生物を推定 フェノールなどの...
ペットにノミ取り薬を塗った後、飼い主が手を洗うことが英国の河川を汚染している(Pet owners washing their hands after applying flea treatment to pets is polluting UK rivers) 1102水質管理

ペットにノミ取り薬を塗った後、飼い主が手を洗うことが英国の河川を汚染している(Pet owners washing their hands after applying flea treatment to pets is polluting UK rivers)

2024-02-01 サセックス大学 ◆サセックス大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者は、ペットの駆虫剤使用者がペットに塗布後28日以上も有毒な農薬(フィプロニルやイミダクロプリド)を手に付着させ、手を洗うことでこれらの農薬が排水...
ホワイトハウスの規則が湿地、河川、飲料水の規制を劇的に緩和した(White House rule dramatically deregulated wetlands, streams, and drinking water) 1102水質管理

ホワイトハウスの規則が湿地、河川、飲料水の規制を劇的に緩和した(White House rule dramatically deregulated wetlands, streams, and drinking water)

2024-01-25 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) ◆米国のクリーンウォーターアクトの規制範囲を正確に予測するために機械学習を使用した研究が発表されました。UCバークレー校の研究者は、2020年のトランプ政権の規則が米国の湿地の...
リンを豊富に含む藻類が新たに発見され、廃水処理の改善が期待される(Newly Identified Algal Strains Rich in Phosphorous Could Improve Wastewater Treatment) 1102水質管理

リンを豊富に含む藻類が新たに発見され、廃水処理の改善が期待される(Newly Identified Algal Strains Rich in Phosphorous Could Improve Wastewater Treatment)

2023-11-28 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) ◆NRELの研究者は、水域の有害藻類ブルームを引き起こす主要因である廃水中のリンを取り除くための新技術として、Revolving Algal Biofilm(RAB)システ...
薬品を使わないボイラ水処理システム「Chemi Free」の販売開始 ~薬品使用により生じるCO₂を削減する環境にやさしいシステム~ 1102水質管理

薬品を使わないボイラ水処理システム「Chemi Free」の販売開始 ~薬品使用により生じるCO₂を削減する環境にやさしいシステム~

2023-11-10 IHI技術情報 IHIのグループ会社である株式会社IHI汎用ボイラ(所在地:東京都江東区,社長:高柳 英司)は,膜を用いた脱酸素装置と電場・磁場処理を組み合わせることにより,薬品を使わずに効果的にボイラの水処理を可能と...
ミジンコが環境浄化と健康増進のカギを握る(Waterfleas hold key to cleaner environment and better human health) 1102水質管理

ミジンコが環境浄化と健康増進のカギを握る(Waterfleas hold key to cleaner environment and better human health)

2023-09-22 バーミンガム大学 ◆新研究によれば、微小なミジンコが排水中の有害な化学物質を取り除くのに役立つことが示されました。科学者とエンジニアは、低コストかつ低炭素の方法で薬品、農薬、工業用化学物質を排水から取り除く方法を開発し...
COVID-19パンデミックがロンドンの水路に与える影響を示す河川サンプリング調査(River sampling study shows impact of COVID-19 pandemic on London’s waterways) 1102水質管理

COVID-19パンデミックがロンドンの水路に与える影響を示す河川サンプリング調査(River sampling study shows impact of COVID-19 pandemic on London’s waterways)

2023-09-20 インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL) ◆インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者による研究により、ロンドンの河川システムに入る汚染物質(抗生物質や抗うつ薬などの処方薬を含む)が、COVID-19パンデミックの影響...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました