小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセル帰還に関する 豪州宇宙庁(ASA)との共同声明の発表について

スポンサー
スポンサー
スポンサー

2020-07-14 宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の山川宏理事長と豪州宇宙庁(Australian Space Agency、以下「ASA」)のメーガン・クラーク長官は、2020年7月14日付で共同声明を発表いたしました。この中で、小惑星リュウグウのサンプルを搭載した「はやぶさ2」のカプセルが2020年12月6日(日本・豪州時間)に南豪州に帰還予定であることを公表しました。

 なお、JAXAはASAとカプセルの帰還および回収計画の最終確認を続けており、豪州政府による着陸許可証(Authorisation of Return of Overseas Launched Space Object:AROLSO)の発行を受け、実施が確定します。

 共同声明発出者
JAXA 理事長 山川 宏
ASA 長官 メーガン・クラーク (Head, Dr. Megan Clark AC)

Joint Statement for Cooperation in the Hayabusa2 Sample Return Mission
by the Australian Space Agency and the Japan Aerospace Exploration Agency
14 July 2020

The Australian Space Agency (the Agency) and the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) have been in close cooperation on JAXA’s asteroid sample-return mission, ‘Hayabusa2’. The sample capsule is planned to land in Woomera, South Australia and the Agency and JAXA are working towards the planned safe re-entry and recovery of the capsule containing the asteroid samples.

Recently, JAXA indicated that 6 December 2020 (Australia/Japan time) is its planned target date for the capsule re-entry and recovery. The Agency and JAXA are working through JAXA’s application for Authorisation of Return of Overseas Launched Space Object (AROLSO), which will need to be approved under the Space Activities Act (1998).

Successfully realizing this epoch-making sample return mission is a great partnership between Australia and Japan and will be a symbol of international cooperation and of overcoming the difficulties and crisis caused by the pandemic.

Dr Megan Clark AC
Head, Australian Space Agency
Melbourne, Australia

Dr YAMAKAWA Hiroshi
President, Japan Aerospace Exploration Agency
Tokyo, Japan

「はやぶさ2」サンプルリターンミッションにおける
豪州宇宙庁と宇宙航空研究開発機構の協力に関する共同声明
(仮訳)
2020年7月14日

豪州宇宙庁と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、JAXAの小惑星サンプルリターンミッション、「はやぶさ2」において密接に協力している。小惑星のサンプルを搭載したカプセルは南豪州ウーメラに着陸する予定であり、両機関はカプセルの安全な再突入と回収の実現に向け取り組んでいる。

JAXAは、2020年12月6日(オーストラリア/日本時間)をカプセルの再突入および回収の予定日として設定した。JAXAは宇宙物体のオーストラリアへの着陸許可(Authorisation of Return of Overseas Launched Space Object:AROLSO)を申請しており、両機関は現在その確認作業を進めている。同申請は、オーストラリアの宇宙活動法(1998年施行)に基づき承認される予定である。

この画期的なサンプルリターンミッションを実現することは、豪州と日本の強力なパートナーシップそのものであり、国際協力および新型コロナウイルスの感染拡大により生じた困難・危機克服の象徴になるだろう。

メーガン・クラーク
豪州宇宙庁 長官
オーストラリア、メルボルン

山川 宏
宇宙航空研究開発機構 理事長
東京、日本

タイトルとURLをコピーしました