タイガーエア台湾エアバス式A320-232型機の事故[機体の動揺による人の負傷](宮崎空港の北北東約100km、令和元年12月25日発生)

ad
ad

2022-03-24 運輸安全委員会

概要

報告書番号:AA2022-1-1
発生年月日:2019年12月25日
発生場所:宮崎空港の北北東約100キロメートル、FL300
航空機種類:飛行機
航空機区分:大型機
型式:エアバス式A320-232型
登録記号:B50001
運航者:タイガーエア台湾有限公司(法人番号 1700150005000)
事故等種類:機体の動揺による人の負傷
概要:
タイガーエア台湾有限公司所属エアバス式A320-232型B50001は、令和元年12月25日(水)、同社の定期237便として、函館空港から台湾桃園国際空港へ向けて飛行中に、機体が動揺して客室乗務員1名が重傷を、乗客1名及び客室乗務員2名が軽傷をそれぞれ負った。
原因:
本事故は、同機がジェット気流付近のウィンドシアーに遭遇して大きく動揺したため客室通路を移動中であった客室乗務員が転倒し、重傷を負ったものと推定される。
死傷者数:重傷1名(客室乗務員)
軽傷3名(客室乗務員2名、乗客)
公表年月日:2022年03月24日
報告書(PDF):公表

タイトルとURLをコピーしました