ASFウイルスはニホンイノシシにも感染し 豚と同様の症状と病変を引き起こす

スポンサーリンク

2020-02-17    農研機構

ポイント

農研機構は、現在東欧やアジアで流行しているASF(アフリカ豚熱)1)が、ニホンイノシシに感染するか否か、また感染した場合の症状や病変について検証しました。ニホンイノシシ4頭の筋肉内にASFウイルスを接種する試験を行ったところ、接種後5日目に1頭が、6日目には2頭が死亡し、残る1頭も瀕死状態に至りました。解剖検査では、全頭で豚と同様の急性型の病変が認められました。これらの結果から、ASFがニホンイノシシにも感染し、豚と同様の症状と病変を引き起こすことが確認されました。

概要

ASFは、欧州に生息するヨーロッパイノシシに感染することが知られています。ASFが日本で発生した場合には、野生のイノシシ(ニホンイノシシ)を介したウイルスの拡散が懸念されますが、ASFがニホンイノシシに感染するか否か、また感染した場合の症状や病変については不明でした。そこで今回接種試験によりその検証を行いました。
流行株であるASFウイルス Armenia07株2)を、ニホンイノシシ4頭の後肢へ筋肉内接種しました。ASFウイルスを接種したニホンイノシシは接種後4日目から全頭が元気消失し、食欲も低下しました。接種後5日目には1頭が、また6日目には2頭が死亡し、残る1頭も瀕死の状態となったため接種後6日目に安楽殺して、全頭を解剖検査に供しました。検査ではASFウイルスを接種したニホンイノシシの脾臓は全て黒色調を呈し、著しく腫大していました。また胃の周囲のリンパ節をはじめとする腹腔内のリンパ節は暗赤色調を呈し、血液凝固が不全になるなど、いずれのニホンイノシシでもASFに感染した豚と同様、急性型のASFに特徴的な所見が認められました。
本試験の結果から、現在広く流行しているASFウイルスはニホンイノシシにも感染し、豚と類似した症状を引き起こすことが確認されました。国内に侵入した場合は、野生イノシシによるASFの拡散に対して警戒が必要です。本試験で得られた知見は、農林水産省が主導する本病の防疫対策に活用されます。

関連情報

予算:農林水産省委託プロジェクト「家畜の伝染病の国内侵入と野生動物由来リスクの管理技術の開発」

問い合わせ先など

研究推進責任者 :農研機構動物衛生研究部門 研究部門長 筒井 俊之

研究担当者 :同 病態研究領域 山田 学、生澤 充隆

広報担当者 :農研機構本部広報課 広報専門役 吉岡 都

詳細情報

開発の社会的背景

ASFは、有効なワクチンや治療法がなく、発生した場合の畜産業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法において「家畜伝染病」に指定され、患畜・疑似患畜の速やかな届出とと殺が義務付けられています。ASFの制御が困難な理由の一つとして、野生イノシシによって広範囲にASFウイルスの拡散が引き起こされる点が挙げられます。2007年から流行が続く欧州では、ASFウイルスがヨーロッパイノシシに感染したことにより域内に広く拡散し、撲滅を著しく困難なものにしています。万一ASFが日本で発生した場合も野生のイノシシを介してウイルスが拡散することが懸念されますが、国内に生息するニホンイノシシのASFウイルスに対する感受性や感染後の病態は明らかにされていません。そこで本試験ではASFウイルスのニホンイノシシに対する病原性を検証しました。

研究の内容・意義

1.現在広く流行しているASFウイルス Armenia07株をニホンイノシシ4頭の筋肉内に接種し、臨床症状を6日間観察しました。死亡もしくは安楽殺後に解剖検査を行い、病変を確認しました。

2.臨床症状については、ASFウイルスを豚に接種した場合と同様に、接種後4日目から元気消失・食欲不振を示して、接種後5日目に1頭が、また接種後6日目には2頭が死亡し、残りの1頭も瀕死状態に陥りました。このことから、ASFウイルスのニホンイノシシに対する病原性は豚に対するのと同じくらい強いことが確認されました。

3。解剖時の肉眼病変としては、ASFに特徴的な脾臓の黒色化と著しい腫大(図a)ならびに腹腔内リンパ節の暗赤色化(図b)が全頭で確認されました。またASFウイルス感染豚と同じように肺水腫や消化管粘膜の出血、血液の凝固不全がみられました。これらの病変は、ASFと他の疾病との鑑別において重要な所見であると考えられます。

4.遺伝子検査によりウイルスの排泄状況を調べたところ、接種後3日目には全頭で循環血液中および鼻腔ぬぐい液中にASFウイルスの遺伝子が検出され、うち2頭では唾液中にも、さらに1頭では糞便中にもウイルスの遺伝子が検出されました。

以上のことから、現在流行しているASFウイルスは、ニホンイノシシにも感染して、豚と同じような症状を引き起こすとともに、体外へも排泄されることが確認されました。

今後の予定・期待

本試験で得られた成績は、農林水産省などが実施する本病の防疫における基礎的知見として活用されます。

用語の解説
1)ASF(アフリカ豚熱)
ASFウイルスの感染による豚とイノシシの法定伝染病で、高い致死率と強い伝染力が特徴です。
2)ASFウイルス Armenia07株
現在東欧やアジアで流行している強毒株で、豚に強い病原性を示します。
参考図


図 ASFウイルスを接種したイノシシの解剖所見
a: 黒色調を呈して著しく腫大した脾臓(矢印)。b: 胃の周囲のリンパ節の暗赤色化(矢印)。通常周囲の脂肪組織にまぎれて目視しにくい胃の周囲のリンパ節も色調の変化により容易に確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする