2020-02-26

1701物理及び化学

大型低温重力波望遠鏡KAGRA観測開始

大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)は、岐阜県飛騨市に建設され2019年秋の完成後、感度を高めるための調整、試験運転が続けられていたが、2020年2月25日、重力波観測のための連続運転が開始された。
0303宇宙環境利用

合成開口レーダ(SAR)データを軌道上で画像化する装置の共同開発成果について

高速処理が可能なFPGAに適したアルゴリズムに書き換えてファームウェア化することにより、SAR観測データを軌道上の衛星内で準リアルタイム処理する装置として実現した。
1600情報工学一般

どこからでも学べる遠隔新生児蘇生法講習シミュレーターを開発

通信技術とIoT(Internet of Things)を応用した、低コストで訓練効果が高く、遠隔地からの講習を可能とした新生児蘇生法訓練用シミュレーターを開発した。
1900環境一般

ザンビア鉛鉱床地域のイヌの血中鉛濃度を明らかに~現地住民の鉛中毒による健康被害解明に期待~

ザンビア共和国カブウェ市の鉛鉱床近郊で飼育されているイヌの体内に含まれる鉛は鉛鉱床が発生源である可能性が高く、鉛鉱床のより近くに棲むイヌほど多くの鉛を体内に含むことが明らかになった。
ad
タイトルとURLをコピーしました