1201畜産

1201畜産

オオクロバエは鳥インフルエンザウイルスを運ぶ~今後の鳥インフルエンザ対策にはハエにも注目~

2024-06-14 九州大学 農学研究院 藤田 龍介 准教授 ポイント 依然として猛威を振るう高病原性鳥インフルエンザ(※1)に対して対策が急務である 冬季に活動するハエが鳥インフルエンザウイルスを媒介することを発見 これまで想定されてい...
1201畜産

ホルスタイン種の乳牛が牛肉交雑種の子牛を生産しても害はないとの研究結果(Study suggests Holstein dairy cows not harmed by producing beef crossbred calves)

2024-06-11 ペンシルベニア州立大学(PennState) 経済的な課題に直面する酪農家が、ホルスタイン牛と肉牛品種の交配を進めている中、ペンシルベニア州立大学の研究者たちは約4万頭の牛を対象に分析を行い、肉牛交配の大きな子牛を運ぶ...
1201畜産

木質胸筋症候群に関する知識を深める(Advancing knowledge on wooden breast syndrome)

2024-05-07 デラウェア大学 (UD) デラウェア州の大学の研究チームは、ブロイラーチキンに見られる「木質胸筋症候群」の解析を進めています。この症状は胸肉が硬くなるもので、アメリカの養鶏業者に年間少なくとも2億ドルの損失をもたらして...
ad
1201畜産

裏庭と商業養鶏場のサルモネラ菌率を比較する研究(Study Compares Salmonella Rates in Backyard, Commercial Poultry Farm Samples)

2024-04-23 ノースカロライナ州立大学(NCState) ノースカロライナ州立大学の研究者たちは、大小異なる養鶏場でのサルモネラの発生率を比較し、大規模な商業養鶏場でのサルモネラの発生が小規模な家庭養鶏場よりも多いことを発見しました...
1201畜産

抗生物質の代わりにプロバイオティクス飼料添加物が家禽の成長と健康を促進(Probiotic feed additive boosts growth, health in poultry in place of antibiotics)

2024-04-12 ペンシルベニア州立大学(PennState) 抗微生物薬の使用は公衆衛生に深刻な脅威であり、家禽飼料中の抗微生物薬の使用は耐性の出現と拡散に大きく寄与している。ペンシルベニア州立大学の研究者は、抗生物質不使用の鶏肉生産...
1201畜産

植物性飼料を給与された乳牛は、より効率的にエネルギーを消費する(Dairy cows fed botanicals-supplemented diets use energy more efficiently)

2024-02-12 ペンシルベニア州立大学(PennState) ペンシルバニア州立大学の研究者による新しい研究によると、高生産性の乳牛の飼料に唐辛子から得られる植物エキスであるカプシクムオレオレジン、またはそのエキスとクローブオイルの組...
1201畜産

ウシ受精卵の新しい遺伝子解析技術を開発~遺伝子のヒストン修飾を簡易に診断~

2024-01-23 京都大学 哺乳動物の受精直後の受精卵は、直径が1ミリメートルにも満たない非常に小さなものです。受精卵の発生能力(妊娠のしやすさや生まれる産子の健康)には個々に差があることが知られており、正常な発生のためには遺伝子が適切...
1201畜産

マイクロバイオームのデータセットを組み合わせることで、動物の年齢を正確に予測することができる。(Combined microbiome datasets yield accurate prediction of animal ages)

2023-11-28 パデュー大学 ◆14の国からの研究結果を組み合わせた分析により、豚の微生物叢、特に腸内細菌の変化に共通のパターンが見つかりました。これにより、豚の年齢を微生物叢から約70%の正確さで予測できることが示されました。 ◆微...
1201畜産

牛の子牛をトラブルから救う初乳の鍵(Colostrum Key to Saving Beef Calves From Trouble)

2023-11-07 ノースカロライナ州立大学(NCState) ◆最新の研究では、新生の牛の仔の健康に与える影響と、抗体の伝達不足に関連するリスク要因に焦点を当てました。研究者は、初産牛と経験豊富な牛の母親と初乳介入が、不十分な抗体保護に...
1201畜産

気中に漂う希薄なウイルスを検出し、「伝播リスクの見える化」に成功~畜産現場に適用できるウイルスセンシング技術の開発~

2023-10-31 産業技術総合研究所 ポイント ウイルスをハイドロキシアパタイト粒子へ吸着させ、検出阻害成分と分離し、PCRで高感度に検出 複数の地点で空気を採取し、畜舎の内外のウイルスの濃度・空間分布を推定 牛個体ごとの検査では把握が...
1201畜産

低タンパク飼料給与牛の乳量増加にはアミノ酸サプリメントが必要かもしれない(Cattle on low-protein rations may need amino acid supplement to boost milk yield)

2023-09-06 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆乳牛の飼料中のタンパク質濃度を減少させると、乳生産が低下することがありますが、ヒスチジンというアミノ酸を補給することで、乳と乳たんぱく質の収量を増やす可能性があるという研...
1201畜産

血液中のウイルス遺伝子の検出に適した核酸試料の簡易な前処理法の開発~多様な試料を用いた迅速で効率的な遺伝子検査を可能に~

2023-06-27 農研機構,タカラバイオ株式会社 ポイント 農研機構とタカラバイオ株式会社は、リアルタイムPCR法1)でのウイルス遺伝子検出において、短時間の熱処理および遠心操作のみで血液中のウイルスから核酸を迅速に抽出するとともに、P...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました