NTU シンガポールの研究者らが従来の 1/1000 サイズの量子通信チップを開発

ad
ad

(NTU Singapore researchers develop quantum communication chip 1,000 times smaller than current setups)

2019/10/31  シンガポール・ 南洋(ナンヤン) 理工大学(NTU)

・ NTUが、現行の1/1000のサイズで同等の優れたセキュリティーを提供する量子通信チップを開発。 シリコンのような標準的な工業用材料を使用するためコスト効果的な上、製造も容易。

・ ATM からの現金引き出しからスマートフォンでのオンラインショッピングまで、現在の安全な通信技 術のセキュリティー規格では量子技術を利用しておらず、PIN(暗証番号)やパスワードの電送では通 信傍受の危険性が懸念される。

・ サイズが約 3mm の同チップは、量子通信アルゴリズムを使用して現行規格を上回る優れたセキュ リティーを提供。送信する情報にパスワードを埋め込んで、傍受の危険性のない「量子鍵」を形成し、 受信後に情報は鍵と共に破壊されるので、極めて安全な通信を実現する。 ・ また、設置に要するスペースも冷蔵庫ほどの大きさにもなる現行の量子通信設備の 1/1000。スマ ートフォン、タブレットやスマートウォッチ等のコンパクトなデバイスで利用できる、安全な通信技術の 可能性を拓くとと共に、オンライントランザクション処理や電子通信に向けた、優れた暗号技術の基盤を構築する。

タイトルとURLをコピーしました