2019-10

0300航空・宇宙一般

海上保安庁テキストロン・アビエーション172Sの事故[着陸時の機体損傷]平成30年8月21日

最初の接地でバウンドした後ポーポイズ状態となり、3回目の接地時にピッチダウン姿勢で前脚から強く接地したため、機体を損傷したものと推定される 。
0102材料力学

「開発者が解釈可能なマテリアルズ・インフォマティクス」で 特性向上の主要因を抽出する手法を開発

実験データ生成の省力化技術と、材料特性に対する高精度での予測とその解釈性を与える技術に加え、新たに材料の特性向上に関わる無数の要因から主要因を効率良く抽出する手法を開発した。この手法を用いてスピン熱電材料の熱電性能向上の実証に成功した。
0502有機化学製品

京都大学発の薬剤「KUS121」が心筋梗塞サイズを縮小することを解明

マウス心筋梗塞モデルを用いて、開発された薬剤であるKUS121の投与実験を行い、梗塞サイズが減少し、心機能の改善が認められることを解明した。
0502有機化学製品

制御性T細胞を誘導し、炎症を抑える化合物を発見

新規制御性T細胞(Treg)誘導化合物AS2863619を発見し、その作用とメカニズムを明らかにすることに成功した。
0109ロボット

一般のドローン事業者も参画したドローン運航管理システムの相互接続試験に成功

ドローン事業者29者が参加した、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムとの相互接続試験を実施し、1時間1平方kmに100フライト以上のドローンの飛行試験に成功。
1600情報工学一般

プログラム可能な超伝導プロセッサを使用した「量子超越性」

2019-10-23 Frank Arute,Kunal Arya,John M. Martinis 量子コンピューターの約束は、特定の計算タスクが、従来のプロセッサーよりも量子プロセッサーで指数関数的に高速に実行される可能性があるこ...
0108交通物流機械及び建設機械

ハイブリッド方式の次期特急車両の名称・シンボルマークの決定について

エンジンで発電した電力と蓄電池の電力とを組み合わせ、モーターを回して走行するハイブリッド方式の車両である。従来方式の「85系気動車」から、技術革新したハイブリッド方式の85系という意味を込めて、「HC85系」と名付けた。
0107工場自動化及び産業機械

処理能力1,200トン/日の一般廃棄物焼却施設を長寿命化

受注した焼却炉等改修工事では、経年劣化した施設の主要機器の更新等を行う。MHIECが特許を持つ安定燃焼に寄与する「新燃焼制御システム」の採用や各種電動機に高効率モーターやインバータによる省エネ化、CO2排出量を年間6.3%以上削減する。
1903自然環境保全

外来哺乳類を駆除して、鳥の数を増やす~世界自然遺産小笠原諸島の自然再生事業の成功と課題~

小笠原諸島聟島(むこじま)列島の国有林等における外来種ノヤギの駆除によりクロアシアホウドリ、オナガミズナギドリ、カツオドリの個体数が急速に回復することを明らかにした。ノヤギ駆除が海鳥の個体数回復に奏功した例は世界で初めて。
91教育

CiRAが開発した知育教材『iPS細胞かるた』が発売されます!

幹細胞の基本的な知識について遊びながら学べる知育教材として、「幹細胞かるた」を開発した。この教材を再編したものが、2019年11月に「iPS細胞かるた」として東京書籍株式会社から発行される。
ad
タイトルとURLをコピーしました