AI向けクラウド型計算システム「ABCI」が深層学習の学習速度で世界最速に

ad
ad

スパコン省エネ性能ランキングでも世界4位に

2018/11/13  産業技術総合研究所

ポイント

  • ABCIの能力を最大限に活かす外部ユーザーの挑戦をABCIグランドチャレンジとして支援
  • ABCIグランドチャレンジにてソニーの研究グループが深層学習の学習速度の世界最速記録を更新
  • ABCIが省エネ性能ランキングで世界4位、共役勾配法の処理性能ランキングでも世界5位を達成

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)情報・人間工学領域【領域長 関口 智嗣】は、平成30年8月1日より運用を開始した「AI橋渡しクラウド(AI Bridging Cloud Infrastructure、以下「ABCI」という)」の能力限界に挑戦するABCIグランドチャレンジを実施しています。10月に実施した第2回ABCIグランドチャレンジにおいて、ソニー株式会社(以下「ソニー」という)の研究グループが深層学習の学習速度の世界最速記録を大幅に更新したことが同社のプレスリリースにて11月13日に公表されました。また、世界のスパコンの省エネ性能ランキングGreen500 Listの4位、共役勾配法による処理性能ランキングHPCG Performance Listで5位を獲得しました。Green500 ListおよびHPCG Performance Listの結果は、米国テキサス州ダラス市で開かれたスパコンに関する国際会議「The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage, and Analysis (SC18)」において11月12日(アメリカ中部標準時間)に発表されました。

10月に実施したABCIグランドチャレンジでは、ソニーの研究グループがImageNetの画像分類データセットを利用したResNet-50の学習を、2176GPUを用いて約3.7分で完了し、これまで最速とされていた中国Tencent社が7月に記録した6.6分を大幅に短縮しました。また、ABCIグランドチャレンジと併せて実施したベンチマークの結果、1ワットあたり14.423ギガフロップスで、Green500 Listの世界4位になりました。また、6月にTop500 Listで世界5位を獲得したのに引き続き、HPCG Performance Listでも508.85テラフロップスで、世界5位になりました。

産総研は、今後もABCIグランドチャレンジを通じて、ABCIの高い計算能力により初めて可能になる人工知能分野の最重要課題への挑戦を支援します。

タイトルとURLをコピーしました