2018-11-20

1602ソフトウェア工学

細胞の運命を制御する人工RNA論理回路の構築に成功

合成RNAを細胞に導入することで細胞の運命を精密に制御できる人工論理回路を開発した。細胞内の複数種のmiRNAを検知して入力信号とし、それぞれの論理回路に応じ、出力として任意のタンパク質の発現を制御することに成功した。
1702地球物理及び地球化学

2017年メキシコ沖巨大地震がプレート全体を破壊したことを解明

日本周辺の地震規模も再評価する必要性を示唆 2018/11/20 京都大学 エマニュエル・ソリマン・ガルシア 防災研究所特定研究員、ディエゴ・メルガー オレゴン州立大学助教らの、日本、アメリカ、中国、メキシコからなる国際共同研究グル...
1501生産マネジメント

カゴメと産総研 AI(人工知能)を活用した高精度なトマト加工品の異物検出技術を開発

AI(人工知能)アルゴリズムを活用したトマト加工品の異物・トマトの皮・ヘタの跡・変色部を高精度で検出する技術の開発に成功した。
1603情報システム・データ工学

大規模データの匿名加工処理を高速化する技術を開発

大規模データの匿名加工処理の時間を大幅に短縮し、従来の方法の100倍程度の高速性で、対話的に細かな調整をしながら繰り返しデータの抽出・加工・検証を行える技術を開発した。
0300航空・宇宙一般

小型回収カプセルで持ち帰ったタンパク質結晶について(速報)

タンパク質試料の状態を確認したところ、生成していた結晶や、試料容器に破損などもなく、温度データも回収時の条件(4℃)を維持しており、国際宇宙ステーション(ISS)からのタンパク質試料の回収手段として有用な手段の一つであることがわかった。
ad
タイトルとURLをコピーしました