1602ソフトウェア工学

1602ソフトウェア工学

人間が教えなくても果実を検出できるAIができた

画像から特定の物体を検出するAIを作る際に、最大のボトルネックである手作業でのラベル付けアノテーション作業を省略するアルゴリズムを開発した。
1602ソフトウェア工学

「記述式をAI採点する現代文トレーニング」をリリース~記述式AI採点の技術を活⽤した教材を開発~

「記述式AI採点の技術」を活用し、現代文における記述式問題の自動採点を含む高校生向けトレーニング教材の提供を2021年7月に開始する。
1602ソフトウェア工学

結晶の世界をのぞくニューラルネットワーク~固体系のミクロな量子多体物性に迫る~

機械学習におけるニューラルネットワークの表現能力を応用して、固体系の電子状態に関する第一原理計算を精密に行う手法を提唱した。
1602ソフトウェア工学

注目のナノポアセンサー AIでノイズを制御し精密に形状を測定 変異ウイルス検査システムへの応用に期待

水中におけるナノサイズの物体の動きを精確に測定するナノポアセンサーで観測される電流ノイズを除去する深層学習アルゴリズムを開発した。1個のナノ粒子がナノポアを通過する際に生じるイオン電流信号に当該手法を適用することで、ノイズに埋もれた細かな電流変化も判別可能に。
1602ソフトウェア工学

AIがかなえる未来の音楽体験~五つの音楽アプリを同時公開~

AI技術を用いた五つの無料音楽アプリを公開した。音楽制作に関する技術システムの開発に取り組み、音楽の楽しみ方の幅を広げる作品を制作し、国際会議の場などで発表してきた。コロナ禍においては作品の現地展示が困難な状況にあるため、スマートフォンなどのアプリを用いた音楽とAIに関する技術の普及に取り組んでいる。
1504数理・情報

形を変えながら動く3次元物体の解析手法の提唱~動くから形が変わるのか、形を変えることで動くのか~

変形しながら移動する3次元物体の、軌道と形とを経時的に計測し、形の変化と速度や軌道の変化との相互関係を解析するためのコンピュータソフトウェアを開発し発表した。
1602ソフトウェア工学

変化する環境に適応する「リキッド」機械学習システム

トレーニング時以外も継続して学習し、変化する現実のシステムに適応する新タイプの「リキッド(可変的な)」回帰型ニューラルネットワーク(RNN)を開発。
1504数理・情報

量子コンピュータを用いたべき乗法~量子多体問題に対する新しい量子アルゴリズムを提案~

行列のべき乗を量子コンピュータ[2]上で計算する効率的な量子アルゴリズムを提案した。量子コンピュータを用いて量子多体問題を数値的に解くための有用な量子アルゴリズムになると期待。
1602ソフトウェア工学

様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデルを開発

オンライン学習・営業活動など参加者の集中状態を定量化 2021-03-01 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、人が様々なタスクを実行している時の集中度を、表情筋の動きの変化から、集中時、非集...
1602ソフトウェア工学

「ドコモ画像認識プラットフォーム」の機能を拡充

国内トップクラスの豊富なエンジンと支援機能で、幅広い課題を解決 2021-02-24 株式会社NTTドコモ 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、画像認識ソリューション開発が容易となる法人のお客さま向けのクラウドサービス「ドコモ画...
ad
タイトルとURLをコピーしました