1602ソフトウェア工学

1602ソフトウェア工学

レジリエントなエネルギー高効率の AI/機械学習の鍵は人間の脳にある

人間の脳の自己修復に重要な役割を担うアストロサイト(星状細胞)の機能をハードウェアデバイスの物理現象において模倣する可能性に関する研究を発表。現行技術に比べ低エネルギー消費で作動し自己修復する AI と機械学習(ML)の実現の可能性を開く。
0108交通物流機械及び建設機械

自動運転用3次元アノテーションツール「Automan」を開発 〜オープンソースとして無償提供開始〜

自動運転AIの開発に不可欠な教師データ作成のための3次元アノテーションツール「Automan」を開発しオープンソースとして公開しましました。「Automan」は3次元アノテーションを自動運転システム全体のContinuous Integration / Continuous Delivery (CI/CD)に組み込むことができるインターフェースを持ち、ウェブブラウザ等のアプリケーションを用いて誰でも無償で利用することが可能です。
1602ソフトウェア工学

ニュース記事の自動要約サービス「自動要約 AI(β版)」を提供開始

AI を活用したニュース記事の自動要約サービス「自動要約 AI(β版)」の共同開発をいたしました。
1602ソフトウェア工学

XR空間におけるお客さまのアバターを作成・管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発

NTTドコモは、XR空間においてお客さまの分身やアイデンティティとなるアバターを作成し、お客さまのアカウントに紐づけて管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発しました。アカウントをキーにして、作成したアバターを複数のサービスで共通して利用することができるほか、登録した複数のアバターのうち、サービスに応じて適切なアバターを選んで使うことが可能となります。
1602ソフトウェア工学

複雑なブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発

従来のブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換するAI単純化技術を開発しました。本技術を用いたAIは、あらゆる入力に対して人が理解できる単純な予測式を創出することにより、明確な判断基準の下で予測結果を提示します。さらに、お客さまの経験や知識に基づき予測式を調整できるため、予測精度を維持・向上しながら安心してAIを利用することが可能となり、お客さまに寄り添った信頼できるAIの実現に貢献します。 本技術の一部は、日立グループにおける製品出荷前の自動検査ラインに適用され、熟練者不足の解消や検査速度の向上効果が確認されました。今後日立は、製造・金融・インフラ制御などさまざまな領域で、信頼できるAIの実装とそれを通じた社会全体のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)加速に貢献していきます。
1602ソフトウェア工学

自動運転における重大な問題をシミュレーションで検出する技術を開発

自動運転システムのシミュレーションにおいて、急加速や急ハンドルが起きているなど事故につながるような複合的で重大な問題が発生するシミュレーションシナリオを効率良く自動で見つける技術を開発しました。
1602ソフトウェア工学

多様な体形や姿勢に対応した高品質な仮想試着手法を開発

オンライン上でリアルタイムで高品質な仮想試着を実現する手法を開発した。
1602ソフトウェア工学

「AI体操採点システム」のAI技術をウェルビーイング領域へ適用する実証を開始

センシングAI技術を使った健康増進ソリューションのプロトタイプを開発し、Sante Gymの来場者に向けて、実証を行う。Webカメラの前で指示された5種類のポーズをとったユーザーの画像データから、AIがユーザーの腰回りを中心とした体幹の柔軟性や可動域を解析・評価し、改善のためのエクササイズを個々に提案するもの。
1602ソフトウェア工学

声をテキスト変換して共有できるアプリを活用した業務の効率化

音声をAI変換しテキスト化して共有できるアプリを活用した業務の効率化
1602ソフトウェア工学

AIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム SYNTHETIQ: Synthetic video detectorを開発

Deepfakeディープフェイクに代表されるAIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム「SYNTHETIQ: Synthetic video detector」を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました