空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」を開発(世界初)

ad
ad

ホースが浮上、建物に突入して、火元を直接消火

2018/05/30 東北大学 八戸工業高等専門学校 国際レスキューシステム研究機構
科学技術振興機構(JST) 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

ポイント
  • 水を噴射して空中に浮上し建物内に突入できる空飛ぶロボット消火ホース「ドラゴンファイヤーファイター」を開発。
  • 建物内の火元に直接放水できるため、最小の水量で迅速な消火が期待される。
  • 遠隔制御により、消火活動に伴うリスクの低下が期待される。
  • 噴射ノズルの制御技術開発により、浮上の安定化と飛行進入方向の選択を実現。

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、東北大学の田所 諭 教授、昆陽 雅司 准教授、多田隈 建二郎 准教授、安部 祐一 助教、社会人博士課程の安藤 久人(福島県ハイテクプラザ 主任研究員)、八戸工業高等専門学校の圓山 重直 校長、国際レスキューシステム研究機構らのグループは、水を噴射することにより空中に浮上し、建物内に突入して、火元を直接消火できる空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」のプロトタイプの開発に、世界で初めて成功しました。消火ホースに連結された複数の噴射ノズルを制御することで、安定に浮上して飛行方向を選択しながら進入し、火元に直接放水できます。

従来の大規模な火災現場では、建物内の燃焼物に直接放水することが困難であり、遠方から周囲に放水することで延焼を防ぐしかありませんでした。この成果により、建物内でも火元消火が容易になるため、消火を迅速効率化し、水量を減らして浸水を最小限に抑えるとともに、建物内消火活動に伴うリスクを低下させて消防士の安全を守ると期待されます。3年後の実用化を目指しています。

本成果は、5月31日から開催される東京国際消防防災展にて発表されます。

図

本成果は、以下の事業・研究プロジェクトによって得られました。

内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
https://www.jst.go.jp/impact/

プログラム・マネージャー
田所 諭

研究開発プログラム
タフ・ロボティクス・チャレンジ

研究開発課題1
索状ロボット(細径)の研究開発

(研究開発責任者
田所 諭  研究期間:平成26年度〜平成28年度)

(研究開発責任者
昆陽 雅司 研究期間:平成29年度〜平成30年度)

これらの研究開発課題では、極限環境下で高い能力を持つ索状(ヘビ型)ロボットの開発に取り組んでいます。

<田所 諭 プログラム・マネージャーのコメント>

ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジは、災害の予防・緊急対応・復旧、人命救助、人道貢献のためのロボットに必要不可欠な、「タフで、へこたれない」さまざまな技術を創り出し、防災における社会的イノベーションとともに、新事業創出による産業的イノベーションを興すことを目的として、プロジェクト研究開発を推進しています。

タイトルとURLをコピーしました