高性能小型レーダ衛星「ASNARO(アスナロ)-2」の打上げが延期

スポンサーリンク

経済産業省が開発支援した高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2(Advanced Satellite with New system Architecture for Observation)」について、2018年1月17日(水曜日)に予定されていた打上げが延期されることとなりました。

1.趣旨

経済産業省では、我が国宇宙機器産業の競争力強化及び利用産業の拡大に向け、短納期、高性能、小型かつ低価格の地球観測衛星を開発する事業として、ASNAROプロジェクトを推進しています。

本プロジェクトの一環として日本電気(株)(NEC)が開発した地球観測用のレーダ衛星「ASNARO-2」について、2018年1月17日(水曜日)にJAXA内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケット3号機による打上げを予定しておりましたが、当日の天候悪化が予想されるため、打上げ日は平成30年1月18日(木曜日)以降に延期されることとなりました。

なお、新たな打上げ日については、決定し次第お知らせいたします。

【高性能小型レーダ衛星「ASNARO-2」性能概要】

  • 主要搭載機器:合成開口レーダ
    分解能:1.0m
    観測幅:10km
  • 質量:570kg

担当

製造産業局 宇宙産業室長 靏田(つるだ)
担当者:國澤、八木、中西

公表日

平成30年1月15日(月)

スポンサーリンク
スポンサーリンク