FAST材を適用した熱電発電モジュールで小電力路車間通信に成功~照明器具などの排熱を利用した自立電源の実用化と普及に見通し~

ad
ad

2023-01-24 新エネルギー・産業技術総合開発機構,物質・材料研究機構 ,株式会社アイシン,茨城大学,アイシン高丘株式会社,岩崎電気株式会社

NEDOの先導研究プログラムで、NIMS、 (株) アイシン、茨城大学、アイシン高丘 (株) 、岩崎電気 (株) は、希少金属や毒性を有する元素を使用せず環境性能に優れる鉄 (Fe) ・アルミニウム (AI) ・シリコン (Si) 系熱電材料 (FAST材) を適用した熱電発電モジュールの高性能化・低コスト化に取り組んでいます。今般、本事業で構築した低コスト製造プロセスで熱電発電モジュールを製作し、照明器具の排熱を利用して発電した電力による小電力無線路車間通信に成功しました。

概要

NEDOの先導研究プログラムで、NIMS、 (株) アイシン、茨城大学、アイシン高丘 (株) 、岩崎電気 (株) は、希少金属や毒性を有する元素を使用せず環境性能に優れる鉄 (Fe) ・アルミニウム (AI) ・シリコン (Si) 系熱電材料 (FAST材) を適用した熱電発電モジュールの高性能化・低コスト化に取り組んでいます。今般、本事業で構築した低コスト製造プロセスで熱電発電モジュールを製作し、照明器具の排熱を利用して発電した電力による小電力無線路車間通信に成功しました。

今後、照明器具や路側構築物などの小さな温度差を利用して発電することで、将来の自動運転を補助する路上のセンサーネットワークの電力供給を担う自立電源の実用化と普及が期待できます。

なお本研究成果は、2023年2月1日から3日まで、東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2023」で、IoT機器の試作機のパネルとともに展示します。


プレスリリース中の図 : 開発したFAST材からなる熱電発電モジュール (2cm角サイズ)

詳しい資料は≫

お問い合わせ先
(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 新領域・ムーンショット部
担当 : 吉川、小野NIMS エネルギー・環境材料研究拠点 熱電材料グループ
担当 : 高際

茨城大学 広報室
担当 : 山崎

(株) アイシン ES技術部
担当 : 加藤

アイシン高丘 (株)  先行開発部
担当 : 吉見

岩崎電気 (株)  新技術開発部
担当 : 内田、原口

(その他NIMSの報道・広報に関すること)
NIMS 経営企画部門 広報室

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部
担当 : 坂本、橋本、鈴木、黒川、根本

コメント

タイトルとURLをコピーしました