2022-11-11

害虫がアリの足跡を避けることを発見~厄介な害虫を天然物質で追い払える可能性を開拓~ 1200農業一般

害虫がアリの足跡を避けることを発見~厄介な害虫を天然物質で追い払える可能性を開拓~

2022-10-30 京都大学 捕食者は餌動物を捕食して減らすだけではなく、餌動物に警戒させることでも活動を抑えます。地上の至る所を歩き回って捕食するアリは、小型の害虫を抑止しているはずです。植物を食い荒らすハダニは、新しい化学農薬にすぐに...
電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測 ~地球環境問題の解決に向けた触媒開発を加速する強力な新技術を獲得~ 0110情報・精密機器

電子1個の精度で触媒ナノ粒子の電荷量を計測 ~地球環境問題の解決に向けた触媒開発を加速する強力な新技術を獲得~

2022-10-14 株式会社日立製作所 ポイント 透過電子顕微鏡法の一種である「電子線ホログラフィー」の位相計測精度を従来よりも1桁高め、触媒ナノ粒子の電荷量を電子1個の精度で計測することに成功 新技術を駆使して、白金ナノ粒子触媒の帯電状...
同クラスエンジンで国内初,燃料噴射を電子制御する舶用中速エンジンの販売を本格開始 ~排ガス中の有害物質を半減~ 0104動力エネルギー

同クラスエンジンで国内初,燃料噴射を電子制御する舶用中速エンジンの販売を本格開始 ~排ガス中の有害物質を半減~

2022-11-11 IHI技術情報 IHIのグループ会社である株式会社IHI原動機(所在地:東京都千代田区,社長:赤松 真生, 以下「IPS」)は,燃料を電子制御で燃sennpakuennjinn焼させる装置(コモンレールシステム)を採用...
無電極プラズマ宇宙推進機の性能向上に成功 ~大電力・長寿命電気推進による宇宙輸送技術の実現へ前進~ 1700応用理学一般

無電極プラズマ宇宙推進機の性能向上に成功 ~大電力・長寿命電気推進による宇宙輸送技術の実現へ前進~

2022-11-10 東北大学,科学技術振興機構 ポイント 大電力・無電極の磁気ノズルプラズマ推進機の推進効率を約30パーセントまで向上 イオンエンジンやホールスラスタ続く次世代の大電力電気推進機の実現に期待 種々の宇宙ミッション実現には宇...
赤外光を照射した半金属における巨大屈折率分散の発見と機構解明 ~金属系物質による室温スローライト生成の道筋を開拓~ 1700応用理学一般

赤外光を照射した半金属における巨大屈折率分散の発見と機構解明 ~金属系物質による室温スローライト生成の道筋を開拓~

2022-11-11東京大学,科学技術振興機構 金属と絶縁体の中間の性質を持つ半金属に、ある周波数の赤外光を照射すると、その周波数の前後で強い光の吸収と増幅が生じるようになり、屈折率が周波数に対して急峻に変化する巨大屈折率分散が起こることを...
国立天文台が撮影した2022年11月8日の皆既月食と天王星食 1701物理及び化学

国立天文台が撮影した2022年11月8日の皆既月食と天王星食

2022-11-10 国立天文台 皆既月食と天王星。撮影時刻:20時37分。(写真は天の北極側が上。以下同じ)撮影:長山省吾。(クレジット:国立天文台) 2022年11月8日、皆既月食が起こりました。今回は、月食中に天王星食も起こる非常に珍...
すばる望遠鏡の新観測装置PFSが、エンジニアリング・ファーストライトを達成 1701物理及び化学

すばる望遠鏡の新観測装置PFSが、エンジニアリング・ファーストライトを達成

2022-11-11 国立天文台 すばる望遠鏡に搭載されたPFSの「主焦点装置」。(クレジット:Kavli IPMU) オリジナルサイズ(3.9MB) すばる望遠鏡に新たに搭載する観測装置、超広視野多天体分光器PFS(Prime Focus...
リサイクル可能な複合材がネットゼロの目標達成に貢献(Recyclable composites help drive net-zero goal) 0504高分子製品

リサイクル可能な複合材がネットゼロの目標達成に貢献(Recyclable composites help drive net-zero goal)

2022-11-10 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所の科学者は、自動車、風力発電、航空宇宙のアプリケーションでエネルギー効率を高める部品の循環型製造を可能にする、炭素繊維複合材料用のリサイクル可能なポリマーを設計...
ナノリアクターで水素吸蔵結晶を成長させる(Nanoreactor grows hydrogen-storage crystals) 0505化学装置及び設備

ナノリアクターで水素吸蔵結晶を成長させる(Nanoreactor grows hydrogen-storage crystals)

2022-11-10 オークリッジ国立研究所(ORNL) 中性子散乱技術は、水素を貯蔵することができる結晶性水素クラスレート(HC)を成長させる新しいナノリアクター材料の研究の一部として使用されました。ORNLとアリカンテ大学(UA)の研究...
エネルギーとコスト削減の道を歩むバイオ燃料(Biofuel on the road to energy, cost savings) 0100機械一般

エネルギーとコスト削減の道を歩むバイオ燃料(Biofuel on the road to energy, cost savings)

アルゴンヌは、米国の研究所と共同で、さまざまなエンジンタイプに対応する有望なバイオ燃料を特定する研究を行っています。 Argonne collaborates with U.S. laboratories on research to id...
アルゴンヌの科学者が人工知能モデル管理のためのFAIR基準を推進(Argonne scientists promote FAIR standards for managing artificial intelligence models) 1600情報工学一般

アルゴンヌの科学者が人工知能モデル管理のためのFAIR基準を推進(Argonne scientists promote FAIR standards for managing artificial intelligence models)

AIモデルのための新しいデータ標準を作成。 New data standards created for AI models. 2022-11-10 アルゴンヌ国立研究所(ANL) 新しい研究で、AIモデルを管理するための新しい基準を明確に...
電子マッハツェンダー干渉計の新プラットフォームを開発(New platform for electronic Mach-Zehnder interferometer) 0403電子応用

電子マッハツェンダー干渉計の新プラットフォームを開発(New platform for electronic Mach-Zehnder interferometer)

単層-二層ハイブリッドグラフェンのバイポーラ領域における谷偏光エッジチャネルに伴う電子干渉の特徴 Hybrid monolayer-bilayer graphene features electron interference associ...
ad
タイトルとURLをコピーしました