2022-11-15

1202農芸化学

ホクホク食感のおいしいサツマイモ新品種「ひめあずま」~ 青果用と菓子加工用の両方に適している「ベニアズマ」の子孫~

2022-11-15 農研機構 ポイント 農研機構は、ホクホクした食感で良食味のサツマイモ品種「ひめあずま」を開発しました。「ひめあずま」は、関東地域の主力品種「ベニアズマ」に似た風味と食感を持ち、菓子等への加工適性も優れているため、青...
0401発送配変電

停電復旧の最短手順を算出するアルゴリズムを開発~多段融通にも対応、より広域な配電運用への活用に期待~

2022-11-15 京都大学 停電発生時、事故や故障が生じていない停電区間は、周辺の供給余力を用いて早期に停電復旧できることがあります。しかし、隣接する供給源の余力では賄いきれない規模の停電が発生した場合には、離れた供給源の余力も活...
1702地球物理及び地球化学

超軽量風速計でドローンによる風速計測を実現 ~安全飛行と気象観測に貢献~

2022-11-14 国立極地研究所 国立極地研究所の猪上淳准教授、北見工業大学の佐藤和敏助教の研究チームは、汎用小型ドローンを用いて、上空の風速と風向を正確に計測するシステムの開発に成功しました(図1)。これまで多く用いられてきた超...
2001原子炉システムの設計及び建設

LLNLの研究者が、核融合反応におけるイオンの振る舞いが異なることを観測(LLNL researchers observe that ions behave differently in fusion reactions)

2022-11-14 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 研究者は、核融合反応におけるイオンの挙動が従来の予想と異なることを発見し、将来のレーザー核融合エネルギー源の設計に重要な知見を提供した。 この研究は、高収率燃焼・点火慣性閉...
1701物理及び化学

UCI主導の天文学者が、ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡のデータをいち早く利用可能に(UCI-led astronomers capitalize on early access to James Webb Space Telescope data)

銀河系外核のコヒーレントなイメージの形成に、最新機器が貢献 Advanced instruments aid in development of coherent picture of extragalactic nucleus 202...
1900環境一般

“未来の無人運転車は、人の健康に悪影響を及ぼす可能性がある”(“Driverless vehicles of the future could have an adverse impact on human health”)

2022-11-09 スウェーデン王国・王立工科大学(KTH) 将来、自律走行車が道路で一般的になれば、徒歩や自転車で移動する人が減り、排出ガスが増加することが、新しい研究調査で明らかになりました。 「学校や近所のスーパーマーケットなど...
ad
タイトルとURLをコピーしました